江戸文化歴史検定 1級 合格者

f0122653_1494227.jpg先日の 設問の答えは (い)の 囲碁・将棋です
お城碁・お城将棋と 言われるもので
八代 吉宗や 十代 家治が 特に好き
だったそうです
家治は 自分でも将棋の本 書いてましたね
ところで 試験が終わってから 受験した人の書き込みがないか
ネットを 検索してましたが あんなに受験者は多いのに
これはまた 驚くほど 書き込みがないのです
そのかわり と言ってはなんですが
昨年 たった二人 一級に合格なさった方の正体がわかりましたよ
73才と76才の二人とも 男の方でした
東京の 久我山と 国立にお住まいの方です
お一人は 長年 TBSにお勤めで 時代劇の制作や
時代考証を やってこられた方のようです
さすがですねー
お二人とも 私の親に等しい年齢です
ぎりぎりの80点での合格が とても残念で
もう一度 受験してみたいと おっしゃってました
去年のあの問題で 80点とれたのは すごい事だと思います
去年で もう受験は あきらめた方も多いと思いますし
落ちた直後は 私も もうやめようかと 思っていました
その中で 「もう一度 チャレンジしたい」と言う バイタリティは
尊敬できますよね
もし 私が自己採点通りに受かってたら お会いできるでしょうか
ちょっと 楽しみです
来月 ちゃんとした「合格通知」が来るまで
宙ぶらりん状態の私ですが 今度は 受験のためじゃなく
生涯の趣味として 本を読んだり 展覧会に行ったりできるので
とても うれしいです
江戸博の「ボストン美術館」展も 行こうと思っています
1級に受かってたら 「特別展示」にも 招待してくれるようなので
それも 楽しみです
早く ここで 報告できる日を 心待ちにしています
明日はまた 大河と幕末に戻ります
これからも よろしく お付き合い下さい
[PR]

by tukitodoraneko | 2008-11-15 14:11 | 江戸のあれこれ

<< 豚一さま トンズラ ねずみ祭り >>