朝鮮通信使は大人気!

朝鮮通信使の話をしましょう
徳川幕府になってから 大きく変わったのは朝鮮との関係です
「朝鮮征討」で 耳塚が出来るほどの虐殺を行った秀吉と比べ
家康の評判は 上々でした
対馬藩を窓口として 国交回復に努力した成果ですf0122653_7522713.jpg おかげで 朝鮮からは 将軍の代替わりごとに 通信使が来るようになったんですね
記録によると 1604年から1811年までに 12回
この頃は お隣の国なのに 往復3ヶ月くらいかかったようです
対馬経由で船で来て 大坂あたりから陸路で江戸まで来たようです
最初は かっこつけて 新橋のところに お迎えのためだけに
「芝口門」まで作って 熱烈歓迎したみたいです
ま、すぐ火事で燃えちゃいましたが・・・
この通信使 正式な人員だけでも500人の団体さん
それに対し 警護の対馬藩士が800人あまり!
あわせたら千人越えの団体旅行は かなりなものでした
この団体さんの宿泊費は 沿道の大名の負担です
移動用の馬も 八千~九千頭 人足も一万ほど必要なので
片道 十万両の費用がかかったということです
なんでこんなに 大がかりなのー?と思うでしょうが
朝鮮を代表してくる「通信使」は 一人一人が優れた文人や絵師
そして医師や 工芸師だったんですねー
だから 日本としては いくら費用がかかっても メリットはあったんです
大坂や江戸はもちろんのこと 宿泊先になった所には
各地の文人らが 訪ねてきて盛んに交流したということです
林羅山や 新井白石などの有名人もやって来て
サインもらったりしてるんですよ
各地のお寺などに残っている寺宝の中には
「通信使」が残していったものも多くあります
たった200年前には こんなに仲がよかったのにねぇ・・・
この時のように お互い「尊敬」を持って 付き合える日が
またやってくるといいですね

by tukitodoraneko | 2007-10-02 08:30 | 江戸のあれこれ

<< 苔むした墓 鍋島「化け猫」騒動の真実 >>