寄り道したら 遅れちゃったよ

岐阜城が落ちたのが8月23日
安濃津城が落ちたのが 25日から26日にかけてのことです
間の24日 家康の息子・秀忠が宇都宮から動きますよ
家康自身も9月1日に 江戸城を発進することに決め
秀忠には中山道を行って 合流するように命じたんですね
9月1日 予定通り 家康発進
その時 秀忠は軽井沢まで進んでいました
ところが次の日 どういうわけか秀忠軍は中山道を離れ 小諸に進軍してしまいます
f0122653_1314421.jpg小諸のすぐ北には そう!
真田親子の上田城があったのです
秀忠にすれば「行きがけの駄賃」
ちょっとした「おまけ」のつもりだったんでしょうが この「おまけ」のせいで ひどい目にあいますよ
上田城は山城ではないのですが
火山の泥流の上に立ち いわば
自然の城砦というべき堅固な城
そこにこもるのは 百戦錬磨の真田親子ですから 秀忠 手玉に取られちゃったんですね
真田軍は 小諸からの使者に対し「無血開城」を約束しといて
いざ 秀忠軍が上田にやって来ると これをチャラにしちゃいます
 まだまだ ただで差し上げるには惜しい城
 是非にと言うなら 力づくで取ってみよ!
って わけですねー 秀忠カッチーンきましたよ
そこへもってきて 城からは挑発部隊が出てきて
深追いしたところを 城中からの一斉射撃
これで 秀忠軍はかなりのダメージを受けました
結局 これに懲りた秀忠軍は 上田城を囲んだまま こう着状態です 
そのうちに 家康から「早く来いよ!」という使者が来るんですが
この使者も間が悪いことに 天気のせいで川が渡れず 大分遅れたんですね
結果的に秀忠は 上田城でムダな1週間を費やし
大事な「関が原」には 大遅刻!
家康 大激怒!となるわけです 
恐るべし! 真田親子と上田城!
[PR]

by tukitodoraneko | 2007-09-01 13:45 | 江戸のあれこれ

<< ホタル大名 光る! 安濃津の姫武者 >>