愛だろ 愛!

会津を逃げ出した上杉の老臣・藤田信吉
結局 上京して家康のところまでご注進
この時 家康はすぐにも会津攻めしたかったんですが
毛利輝元 宇喜多秀家の二大老 奉行の増田長盛らに
とりあえずもう一度 使者出してみたら?と言われて
伊奈図書らを 会津に向かわせました
4月1日付けで出された景勝への「違反八か条」を持って
一行が会津に着いたのは 同月13日
f0122653_12211919.jpgこの八か条の弾劾状に対する返事が有名な「直江状」です
直江兼継と言えば 三成に対する島左近 秀吉の黒田官兵衛と同じ 上杉に「この人あり!」と言われた名参謀
その上「戦国三大美少年」に勝るとも劣らないグッド・ルッキン
と言ってもこの頃はもう40過ぎですが
←これが 有名な兼継の「愛」じるし兜(かぶと)ですよ
すっごいハデですねー 暴走族っぽい?
注文する時 なんて言ったんだろ
 「愛」の字 もっとおっきくして 色は金色ね!
あ なんだか 恥ずかしい・・・・
でも別に 愛が欲しかったわけじゃありません
「愛染明王」を信仰してたんですね
「直江状」の中で 兼継は家康の「武器集めてるんだって?」という質問に 「京では茶碗・茶道具を集めるのが流行りと聞きますが 田舎侍は武具を集めるのが趣味!」と 小バカにした返事をしてます そりゃ怒るよねー
その上 景勝は「ご出馬あらば 一戦申すべし」
「出て来いよー やっつけちゃうぜい」 みたいな挑発までしてます
使者が帰って 家康に報告したのが5月3日
そして 家康は「会津征討」を決定するのでした
[PR]

by tukitodoraneko | 2007-08-17 13:35 | 江戸のあれこれ

<< 伏見城 別れの宴 とうとう「関が原」の年! >>