奥さんは「ブラッディ・メアリ」

しばらく少年たちといっしょに 旅してみましょう
f0122653_13531174.jpgリスボンに上陸した一行は「シントラ」の王宮に招かれてます
この頃は スペイン国王の甥にあたるアウストリア枢機卿の城
←素敵なところですねー 今は長崎の大村市と姉妹都市になってますよ
この時からのご縁なんですね
詩人バイロンが「エデンの園」と評した絶景の地です
初めて見るヨーロッパのお城に 少年たちも感激したことでしょう
この後一行は スペインの首都・マドリッドへ
そして スペイン国王・フェリペ二世の大歓迎を受けます
f0122653_1463041.jpg←この人の二番目の奥さんが メアリー・スチュワート 
あの有名な「ブラッディ・メアリ」です
エリザベス一世のお姉さんで プロテスタントの大弾圧しましたね
ま、政略結婚でずーっと年上のメアリとは ほとんど別居でしたが この人自身もバリバリのカソリックでした
「異教徒に君臨するよりは 百回死んだ方がまし!」と 言ってます
こういうところ ちょっと理解しがたいですねー
初詣には神社に行き 結婚式は教会で 死んだらお寺のお墓に入る私達には どこが違うのかわかりません 
みんな仲良く信仰できないのかなあ・・・・矛盾です
彼はメアリの死後 イングランドを攻めようとして「無敵艦隊」を送り ベロ負けしました
1588年 この時から4年後のことです
「無敵!」を誇った艦隊が始めて破れて これからスペインは世界の制海権を失ってしまいます
日本にイギリス船や オランダ船がやってくるようになるのも このせいですね
この後 少年たちはイタリア・フィレンツェに向かいます
それは また明日!
[PR]

by tukitodoraneko | 2007-07-21 14:40 | 江戸のあれこれ

<< 悪女と踊った少年 今なら半日なのに・・・ >>