平清盛 第18回「誕生、後白河帝」

地元の祭りも終わり これでやっと休み気分も抜けました
さて、低視聴率 打ち切りの噂もある大河に戻りますよ
f0122653_10352828.jpg

今夜は ドドッと 体制が変わりますよ
「保元ノ乱」に突入する前夜といった感じですね
現天皇である近衛天皇が 17才という若さで急死します
鳥羽院は すぐに主だった近臣・公卿を集めて 次期天皇の選定を行います
このとき候補に挙がったのは 近衛の姉・暲子内親王
そして崇徳の息子・重仁親王と 雅仁の息子・守仁親王です
美福門院や 関白・忠通などが 推したのは守仁親王でした
今様狂いの父と違い なかなかしっかりした子だったようです
しかし ここで問題が起こるのですね
今まで 父をさしおいて その子が天皇になったという先例が無かったのです
仕方ない、では 最初に父の雅仁を 一時天皇にしておいて
すぐに 息子の守仁に譲位させればいいや!と 言うことで
言わば「ワンポイントリリーフ」の天皇・後白河天皇が誕生したのです
この立場は あの白河天皇の時と同じですね
白河の時も この後 思わぬ事態が起こり 長い院政を執ることになりました
後白河天皇のバックには あの信西=藤原通憲がついていましたからね
さて この先どうなるでしょう
続きは 大河を見た後でね
[PR]

by tukitodoraneko | 2012-05-06 10:56 | 大河ドラマ

<< かぐや姫か セーラームーンか 「水たまりの樹」ツアー・・・ >>