台付き時服って?

f0122653_1124915.jpg今日は まず最初に「台付き時服」の話です
江戸期以前から あった習慣ですが 年何回か天皇・将軍から 時服・・・その季節の衣服 を 頂戴することがありました
これを「時服拝領」といい 当時の本にも載っていますが
この中で 時々「台付き時服拝領」と書いてある場合があるのですね
この「台付き」ってなーに? 三宝見たいのに乗ってるのをもらうのか 
もしくは 箱のような入れ物なのかしら?と 思っていましたら
1級仲間(というより先生)の忍び駒さまから ↑ こういうのですよ・・・と 写真を頂きました
上の「文机」のようなものです
お勉強になりました ありがとうございます
台付きの場合は こういう台に乗ったものを拝領したんですね
じゃあ 単に「時服拝領」と書いてある場合は これなかったのかな?
場合によって もしくは身分によって 違ったのかもしれません
手近の本では 高家と 将軍身辺に使われた人で「台付き・・・」
と 書かれているものがありました
江戸時代のことって なかなか細かい点がわからなくて 困りますね
まだまだまだまだ・・・・・ずーっと お勉強は続くんですねー
どうぞ 皆さん ご一緒に どこまでも 行ってみましょーねー!
[PR]

by tukitodoraneko | 2011-05-30 11:17 | 江戸のあれこれ

<< 太閤記さまざま 江~姫たちの戦国 第20回「茶... >>