三人秀勝

f0122653_1158425.jpgもう一日 大河ドラマ続きます
EXILEのAKIRAさん 登場しましたね 
すごい人気なんですねー
マイ・パソで「秀勝」を検索すると 
すでにこの人の画像しか出てきません
やがて 江の二番目の夫になる人ですね
秀吉の子(養子)としては 三番目の秀勝です
今日は この「秀勝」のことを書いてみましょう
f0122653_1221931.jpg
秀吉の実子は 茶々(淀殿)の産んだ二人の子だけが 
有名ですが 実はその前に「南殿」との間に 
石松丸という子供がいたといわれています
これは秀吉が 30代の始め頃で 信長から長浜城をもらい
やっと一石一城の主になった当時のこと
なかなかきれいな子ですね →
これは 滋賀県妙法寺に伝わる初代・秀勝(石松丸)の絵姿です 実物は 昭和27年の火事で焼けてしまいました
この子は 天正4年(1576)に 7才で亡くなってしまいます
f0122653_12212611.jpg今も続く 
長浜の曳山まつりは 実子の誕生を喜んだ秀吉が 
砂金を奉納したことから 始まったと言われています
子供歌舞伎も伝承され 三代曳山の一つといわれる
お祭りです
初代・秀勝の死にがっくりきた秀吉は 3年後 
信長に懇願して 四男・於次丸(11才)を 養子にもらい 二代・秀勝とします
この人は 信長の葬儀の喪主もつとめ 権中納言まで
上がり 唐名で「丹波黄門」とよばれた 亀山城主です
高松城攻めや 小牧・長久手の戦にも出ていますが
秀吉が関白になった天正13年 18才で病死してしまうの
です
ここで 出てくるのが 秀吉の甥(姉・ともの子)小吉です
この人が 三代・秀勝になり 丹波亀山もそのまま受け継ぎ
江の二番目の夫になる三代・小吉秀勝ですね
この人のことは これから大河で見れるから 書きませんが
私は この人の母で 秀吉の姉・とも のことが気になります
三人も息子がいながら みんな夭折
秀吉の養子で関白になった秀次(秀勝の兄)は
茶々が 秀吉の子を生んだとたんに 邪魔者扱いで刑死
秀勝もその下の男の子も 同じ時期に亡くなってしまいます
ともは 髪を落とし「日秀尼」となって 京・嵯峨野の村雲に
瑞龍寺を 建立して 寛永2年(1625) 92才で亡くなるまで ここで菩提を弔いました
江(崇厳院)が亡くなる一年前のことでした
時は 三代将軍・家光のころ
かつての次男の嫁が 徳川将軍家の御台さまとなり
その子供が 生まれながらの将軍となったことを どんな風に思っていたのでしょう
思えば 当時の女性は 一人ひとり 特異な「生きるための戦」をしていたのかもしれませんね
[PR]

by tukitodoraneko | 2011-05-10 13:00 | 大河ドラマ

<< 月曜病に いじめ殺人 秀吉の陣羽織 >>