江~姫たちの戦国 第16回「関白秀吉」

しばらくぶりに3日も休んじゃいました ゴールデン・ウィークのなかびです
一級会の散策も行きましたし 本も読み倒してました
書くことがどっさりたまってしまいましたよ
でも昨日は 恒例 戦国ホームドラマもありましたし 秀吉と江ちゃんのこと
やっぱり 最初に書いておこうかな?
f0122653_1115433.jpgずるそーな顔してますが 秀吉はとうとう
関白になっちゃいましたね
「絵本太閤記」によりますと 征夷大将軍は「源氏」でないとなれないと聞いた秀吉は 
ちょうど関白職をめぐって 近衛VS二条が
争っているのに付け込み 懇意な右大臣・
菊亭晴季に 前関白・近衛前久を説得させ その「猶子(なおこ)」にしてもらったという
わけですね まさしく とんびがあぶらげをさらったという感じ
小牧・長久手の戦はありましたが 信雄には伊賀・伊勢の半国を安堵して和睦
家康には 次男・於義丸を人質兼養子に出させ 何とか丸く治まっていました
この於義丸が 後の結城秀康ですね
そして 秀吉はその間に 朝廷や公家にとりいり まず関白という位をものにします
そして この後も 四国・九州の征討も行いますし
一方 戦だけでなく 「醍醐の花見」「大仏殿の造営」「北野の茶会」など
派手なキャンペーンを 繰り広げて 示威行動だけでなく 人心掌握にも力を入れます
何度 上洛を促してもやってこない家康には 妹・旭姫を人質兼嫁にやって懐柔策
この時 講和の使者として 送った石川数正は 酒井忠次同様
家康の幼少時からの重臣でありながら なぜか一族を引き連れ
秀吉のもとに 走ってしまうのでしたね
秀吉の「人たらし」と言われた 所以でしょうか
それに 今の所「大嫌いじゃ!」と言っているりえちゃん=茶々姫も
これから4年後には 秀吉との最初の子・棄(すて)後の鶴丸を産むんですから
この3~4年間の茶々の変心 江の反応・・・
ホームドラマではなくて 戦国昼メロみたいになっていきそうですね
[PR]

by tukitodoraneko | 2011-05-02 11:49 | 江戸のあれこれ

<< 玉川上水 野火止上水散策 松平定信 浴恩園 >>