浮世絵で 江戸花見

今まだ着替えや 温かい食物が不足する被災地へ なんとか届けたいものは
みなさん、たくさんあると思います
でも 輸送網や ガソリン不足で 一般人はどうしようもありません
地域の窓口でも 決まった品目しか募集していないので
それ以外の生活必需品 何とか送りたいなと思っている方
これから 復興していく中で 必ず 必要となりますので
家の中に あまっているもの・・・結婚式の引き出物でもらった鍋・ヤカン
配り物のタオルや だぶって買ってしまった生活用具
とりあえずダンボールにつめて 待機しときましょう
被災地では ぞうきん一枚さえ持たずに これから新生活を始める方が
いっぱい出てきます
その日のために ダンボール義捐品 用意して置いてくださいね
送れる時が来たら 送り先など また書いていきます

f0122653_1440212.jpgさて 今年の桜は みなさん 友達や個人で 静かに楽しむ桜になりそうです
そこで こんな絵 だしてみましたよ
広重の「名所江戸百景」のうち
深川八まん山ひらき です
改印は安政4年 あの安政の大地震の2年後ですね
八幡と書いてありますが これは別当の永代寺の方のお庭です
昨日も書きましたが 当時は今と違い 寺社の庭も 一般に公開されないところが多かったのです
そのかわり 潅仏会(4/11)とか 花時に日を決めて公開しました
ここ 深川永代寺は 桜の名所で 江戸時代には 吉原の夜桜と並び評されるほどだったといいます
ここの公開日は 「江戸名所図会」では3月21日から28日までとなっています
このお庭公開を 山開きと称したのですね
この時期は 江戸の陰暦ですから 今なら4月の末ですね
永代寺の桜 遅咲きの種類の桜が多かったのでしょうか?
くわしいことは 明日 31日(木)夜6時半から
浅草二天門横 アミューズミュージアムの1階 浮世絵シアター
わが江戸検1級アイドル ホーリーが 可憐な着物姿で 説明してくれます
月一回の「うきよえナイト」という 催しです
ここ お酒も飲めますので ほろ酔い気分で 浮世絵の桜見物 いかがでしょう
今年は 桜の下で場所とりして 大騒ぎのお花見はなしにして
こんな お花見もしっとりとしていいもんですよ
さて これ以外にも 上野寛永寺も 花見時期には お山を開き
酒や音曲は禁止ですが 庶民もお花見ができました
他にも お庭の拝観というのは ありまして
たとえば 天下祭だった山王祭(6/15)の際には 神主の庭が 
また高田富士の山開きの時には 水稲荷の別当・宝泉寺の庭
6月15~18日まで 公開されることになっていて
こちらも人が集まったということです
大名屋敷同様 寺社の庭というのも 江戸時代は簡単に入れなかったのですねー 
 
[PR]

by tukitodoraneko | 2011-03-30 15:52 | 江戸のあれこれ

<< ブログで江戸花見ツアー 殿さまも行列に並ぶ >>