江戸の長屋でいきましょう

f0122653_10264971.jpg← 電気・ガス・衛生的な
水道もない江戸の人々の
生活です
何もなくても楽しそうじゃありませんか
私たちも頑張りましょうね
昨日までの停電の様子では
予告時間の20分から25分経ってから急に消えた・・・という例が多いようです
時間過ぎたから今日は無いと思って 活動しだしたとたんに消えるととても危険です
特に エレベーターはしばらく使用を控えましょう
あなたのうっかり・・で 貴重なガソリンを使った救助隊が来ちゃうかも知れません
基本 この非常事態が収まるまで 電車と徒歩・自転車で乗り切りましょう
屋内も できるだけ床に物を置かないようにしましょう
懐中電灯は不足しているようなので ろうそくを使う場合は
大きな器に水を張り 真ん中に伏せた器を置き そこにろうそくを立てれば
もしも倒れた時にも 安全です 
器は燃えるプラスチック製とかはダメですよ
停電すると 家庭用火災報知機が一時間以内に電池切れになります
再び自動充電するのに2日くらいかかるそうですので その間の火災に注意してください
セコム等も 停電時はカバーしきれないそうですので 自分の身は自分で守りましょう
ご近所に 一人暮らしのお年寄りがいないか 注意してください
ネットが使えなくて 情報が得られず 不安になっていられるかもしれません
広報車が回っていますが 耳が遠くて聞こえない場合もあります
そして 停電時のご飯の炊き方ですが 洗って水に30分くらい浸したお米と
同量の水・・・つまり洗い米1カップに水1カップの割合で 鍋に入れ蓋をして
沸騰するまでは 弱火でコトコトです とにかく沸騰するまでの時間が決め手
ゆっくり炊けば おいしくできますから 沸騰後は目で見て 水分が無くなったら
火を止め ふたをして 30分くらいそのまま蒸して置いてください
停電中の暖房は 湯たんぽが一番 長持ちします
湯たんぽないよーという方 ペットボトルにお湯を入れて タオルで包めばOK
こたつがあれば この中に入れておくだけでも ずいぶんちがいます
冷たいご飯は レンジが使えないので チンできません
これは 蒸し器で蒸せばOK
蒸し器がなければ ろうそくと同じ原理で 鍋に水を張り
真ん中に伏せた器を置いて その上にご飯の器をのせて 火にかけます
湯気がたれるので 蓋の間にふきんを敷いてね
このふきんに火がつかないように 気をつけましょうね
とにかく しばらくは 自分の家族と同様 被災地の方々のこと
一人暮らしの方のことを 思いやって暮らすのが肝心です
江戸の長屋暮らしと同じですね
熊さん・八つぁんみたいに 「醤油あるかい?」「あいよっ!醤油につけるものあるかい?」
って感じで 助け合いながら 頑張りましょう
昨日は 仙台のブロ友 さくら♪さんの安否も分かり 一安心です
まだまだ 家族に会えない方々がたくさんいて 胸が痛みますが
せめて 節電や買占めしないことで お力になりたいです
またアンケートサイト「きかせて・net」や「マクロミル」では
被災地にメッセージを送ることで わずかですが募金ができます
こちらも どうぞよろしく
[PR]

by tukitodoraneko | 2011-03-17 11:22 | 東京

<< 大名行列は やめましょう しばらく江戸人 >>