NHK大河 天地人 第5回 「信長は鬼か」

すいません 「大河もやってね 江戸ばっかりひいきしないでね」と
友人から 怒られたので ちょっと戦国に寄り道です
でも これも役に立つんですよ 
なんと言っても 戦国時代は群雄割拠
地理的なことや 家系的なことは ここらからやっておくと
とても 覚えやすいんです
f0122653_16533473.jpgと いいわけして・・・
さて! 今日の放送では 兼続が初めて織田信長と 会うらしいですよ
時は1574年 (天正2) 兼続はやっと15才
信長の方は すでに40才です
前年には 目の上のたんこぶ 
武田信玄が没し これ幸いと浅井・朝倉を滅亡させたばかり
この年には もう一つのたんこぶ
一向宗を相手取り 長島一向一揆を 壊滅させています
信玄の死で 信長の前に一気に 「天下」への道が 開けてきた時期でした
翌年には 戦国史上 最も注目すべき「長篠の戦い」があります
この戦いで 史上はじめて 合戦に大量の鉄砲が使われ
甲斐の軍神 武田家衰退の原因となりました
その翌年には あの絢爛たる「安土城」が 出来上がります
思えば 信長がその絶頂期を迎えようとしていた時季なんですね
15才の兼続の目に 天下を掌握しつつある織田信長は
どんな風に うつったのでしょう
また この時 生涯の友となる同い年の「石田三成」との
最初の出会いが あったということになっています
小栗くんの月代=中剃り の髪型 賛否両論のようですが
あのヘアスタイルは 当時としたら 最新流行
越後の田舎ものの兼続が 総髪を結んだだけなのと対照的に
実は あの髪型 おしゃれ!・・・だったのですねぇ
ちなみにこの時 家康はまだ32才
翌年には 信長と協力し「長篠の戦い」に出陣します
そろそろ 大河にも 登場してくる頃かな?
[PR]

by tukitodoraneko | 2009-02-01 17:50

<< 迷走する読書 東海道からドードー鳥へ ゴヤの赤 広重の青 >>