浅草三昧

f0122653_7475149.jpg昨日 見に行った「新春浅草歌舞伎」
一部は 「一条大蔵卿」で 亀治郎さん 怪演!
二部は 「土蜘蛛」で こちらは結婚の噂しきりの
勘太郎くんがこれまた大熱演で 春らしいいい演目になりました
この浅草歌舞伎は 我が家では正月の恒例行事になりつつありますが 今年は良いお席がとれましたので こいつは春から縁起がいいワイ!です
浅草公会堂は せり上がりもすっぽんもなく
シンプルな舞台なんですが その分 普段はできない「大役」に体当たりする若手役者さんの 熱気がストレートに伝わってきて 新春にふさわしい
いい舞台でした
その後 食事したり ブラブラしたり お土産買ったり 観光客の外人さんの写真撮ってあげたりしながら 銀ブラじゃなく「浅ブラ」しました
f0122653_8115737.jpgあいかわらず 外人観光客多いですねー
← これは今はなき 懐かしの「仁丹塔」
「凌雲郭」が 震災で折れちゃったあとは
浅草のシンボルだったのにねー
今はこれも「金のうんち」に 取って代わられました
江戸時代の切絵図をみますと ここの北の辺りに
「蛇骨長屋」っていう とんでもない地名があるんですが ご存知でしょうか
なんでも ここを建てる時だかに 
大きな骨が出てきたそうで
今思えば 恐竜の骨なんでしょうが それ以来
 蛇骨長屋と名がつきました
近くに 「蛇骨湯」っていう銭湯もあり これは今でも同じ名前で 営業しています
うれしいですね
f0122653_8321767.gif     さて 浅草に行くと必ず立ち寄る一軒が こちら
     神谷バーです
     創業1880年ですから 明治・大正・昭和・平成・・・と
     四世代 かわらぬ老舗バーです
     ここの「電気ブラン」呑まなきゃ 浅草に来た気がしない
     って方も 多いでしょう 私もその内の一人です
     そして 帰りの電車の中で 昼間からたえなるアルコール     
     の香りを漂わせて 世間の顰蹙を買うのが 結構好きか
     も・・・  だって その辺の甘ったるい缶チューハイの
     十倍ぐらい ツヨイんだもん
f0122653_84843100.gif←お酒ばっかり有名ですが 実はここ おつまみも本格的で 結構いけます
しかし マナーが一つあって まず何が出てきても 
お箸で食べること
コロッケだろうが サラミの盛り合わせだろうが 迷わず
お箸で食べてください
わたしは スパゲッティナポリタンを 一瞬の躊躇もなく 
お箸で食べだした りりしい紳士を 見たことあります
まちがっても ここでは フォークとスプーン 要求しないように
自信のない方は お家で練習してから行ってね
ごくしぜーんに おハシで洋食たべれないと 「やぼ」と思われますからね

そして このマナーは この店でしか通用しないということも お忘れなく!
[PR]

by tukitodoraneko | 2009-01-27 09:06 | 東京

<< 東海道五十三次 石薬師~終点 ... 東海道五十三次 浜松 ~ 石薬師 >>