東海道五十三次 沼津 ~ 浜松

f0122653_13332491.jpg4日目の朝 沼津を出て 
左に千本松原を見ながら
6km歩くと「原」宿です
次の「吉原」を出ると富士川の渡し
そして 「蒲原(かんばら)」~「由比」と進みます
この由比は あの慶安事件の由比正雪の生地と言われているところですね
ここを出ると 箱根に並ぶ難所「薩埵峠(さったとうげ)」にかかります
7世紀ごろ この辺りには清見ヶ関という関所がありました
ここを過ぎれば 興津 ~ 江尻 この「江尻」というのは
現 清水市 清水港のところです 4日目の宿はここ 
やっと ちびまるこちゃんの実家までたどりつきました
この日も 延べ46km 歩いてます 
5日目 江尻を出るとすぐに わき道があり
ここを行くと 久能山東照宮へ参拝できます
なんといっても次の宿場は 大御所さまのいた府中です
駿府城のあるところですよ
府中を出れば 安倍川餅で有名な 安部川の渡し
越えれば とろろ汁が名物の「丸子」宿 鞠子とも書きましたね
ここから 宇津谷峠を越えると 「岡部」 ~ サッカーが盛んな「藤枝」
次の「島田」を越えると 最大の難関 大井川です
ここは 運よく川越えできたことにして 渡った先の「金谷」で 5泊目です
6日目 金谷を出ると すぐに「小夜の中山」という峠にかかります
ここは 富士山の景勝地としても有名ですよ
下りれば 「日坂(にっさか)」 そして山内一豊がいた「掛川」です
そして 次が江戸からも京からも数えて27番目 ちょうど真中の「袋井」の宿
28番目の宿は 「見附」 ここを出ると天竜川を渡る 池田の渡し
越えたところが 「浜松」 ここで 泊まりましょう

 沼津 ~ 原 ~ 吉原 ~ 蒲原 ~ 由比 ~ 興津 ~ 江尻(清水)
 府中 ~ 丸子 ~ 岡部 ~ 藤枝 ~ 島田 ~ 金谷
 日坂 ~ 掛川 ~ 袋井 ~ 見附 ~ 浜松(ここまで遠江)

6日目で 浜松まで来れましたね
半分以上です 29番目の宿場まで もう来ましたよ
一つずつ 宿場の特徴を知れば もっと覚えやすくなりますから
あせらず ゆっくり 進みましょう
[PR]

by tukitodoraneko | 2009-01-24 14:42 | 江戸のあれこれ

<< 東海道五十三次 浜松 ~ 石薬師 東海道五十三次  日本橋から沼津まで >>