古本屋のにおい・古本のにおい

f0122653_1349486.jpgむかしは どんな町にも 一軒くらいは「古本屋」があったと 思います
最近 よく見る大型スーパーみたいなのではなくて
大抵は 路地をちょこっと曲がったあたりにあって
たてつけの悪いガラスのはまった木戸をがたがた開けて
やっと入ると自分も古本みたいなパッサパサのおじさんが
(よくも きやがった) みたいに にらみつけるアレです
若かったわたしは 心の中で(すいません すいません
ホントに 本を見たいだけです)と となえながら
おそるおそる 本棚に手をのばしていました
薄くらい古本屋の すすけたガラスを通して見る 外の景色は 洗いざらした様に 白っぽく
店の中はいつも かわいた埃っぽいにおいがしました
<時計が止まった部屋のにおい> 
<集めすぎた言葉が 埃のように降りつもるにおい>

そんな「パンドラの箱」のような 古本屋はなくなってしまいましたが
今では パソコンの前に座っていれば メール便や宅配で
古本の方から わたしのお家にやって来てくれるように なりました
背筋に 視線を感じながら 本を手に取るスリルには 遠くおよばないけど
古本のつまったダンボールを 開ける時は やっぱりドキドキします
 
そして最近の古本は 新刊のようにきれい!
小口もやすりをかけるから 真っ白だし 帯やしおりまでついてる
(時々 レシートまではさまってる!)
なんだ 新品と同じじゃなーい! たった一つをのぞいては!

そう それが匂いなんです 何十・・・いや何百さつかに一冊
とんでもない匂いのする ブツが 混じっているのですね
これは 古本屋のかわいた感じの匂いとは かけ離れたものです
たとえるなら 雨に濡れた大きい犬の匂い・・・?
もっと はっきり言えば体臭のキツイ人がずーっと腋にはさんでた匂い・・・!

きのう届いた本が まさにそれでした
きれいな写真や図説がいっぱいの ステキな本なのに
開けば おそいかかるこの悪臭! 目にしみるほど く・さ・いのっ!

ほんとに 本は一冊でも「パンドラの箱」なのね
[PR]

# by tukitodoraneko | 2007-01-19 15:09 | 本の話

品川駅から海が見えた話

「品川心中」という落語 知ってますか?
東海道 第一の宿 品川は 吉原の<北>に対して<南>と言われた大きな遊郭がf0122653_15425257.jpgありました
落語では この品川で売れない女郎と
なじみの客が すったもんだの末
心中しようと 前の海へ飛び込んで・・・
という話でした
はじめて聞いたのは 花も恥らう十代の頃
何それ?品川から海って おかしいよ それ
てなもんでした
ところが たまたまそばにいたお婆ちゃんが
「今ァ もう品川駅から 海はめえないんだろうねぇ 遠浅のいい浜だったのにねぇ」と
言ったのでした  カルチャー ショーック!!!
後頭部に ライダーキックくらいの ショックでした 
思えば あれが歴史を 教科書にのっている記録としてではなく
今と地続きの 市井の人々の生活の様子としてとらえた最初だったんでしょう

考えてみれば お婆ちゃんは 明治のひと
「あたしのおっかさんて人はね・・・」といえば 明治初期のこと
「うちのおばあさんが 若い頃はね・・・」と 話し出したら 江戸!のことだったんですねー!
今さらながら 貴重なお話 ありがとうございました

もう 東京には どろんこ道も 冬の朝の凍った馬ふんもないけれど
品川駅から見えるのは ビルと車だけだけど
今は 家で座って ちょこっと検索するだけで 懐かしい 品川の浜辺が見れるんだよ
お婆ちゃん 「へぇー おったまげた!」って 言うかなあ・・・
[PR]

# by tukitodoraneko | 2007-01-18 16:38 | 江戸のあれこれ

ヘボン博士とオードリー・ヘプバーンの関係

ヘボン式ローマ字を 作ったヘボン博士って 知ってますか?
ひらがなの50音を アルファベットに置き換えたローマ字って
今でも 小学校で教えてるのかな?
今は パスポートのサインも マネされにくいからって漢字で書くけど
以前は みんなローマ字で書いたものでした
ヘボン博士は 明治学院大学の初代学長だった人
私が 通ってた頃には 白金キャンパスのど真中に
「ヘボン館」という でっかい建物がありました
(ちなみに 校歌は島崎藤村 作曲です)

このヘボンさん 私はずーーっと Dr.Hebbonかと思ってたら
なんと!彼の名前は ホントは Hepburnさんだったのですねー
そう あの「世界の妖精」 オードリーと同じなんです!
f0122653_20334627.jpgカタカナ英語って 怖い!
とくに 固有名詞は 困りますね 
前に マイケル・ジャクスンが 初来日の頃 外国の記者たちが
「なんで日本のファンはM・Jに マイケ!と叫ぶんだ?」と
不思議がったとか・・・
確かに ちゃんと発音すれば マイクウ にちかい音なんだけどさ
England を エゲレスって言ってたのも そんなに昔じゃないのよ
日本のことだって ジャパンだのヤポンだのって 言うじゃない
わたしは ワールドカップの時 はじめて 韓国は「テーハ ミング」って
いうんだ!って知って 感激しましたよ

でも オードリーはどうかなー
美しい彼女が 「オードリー・ヘボン」って 紹介されてたら どうなのかしら?
やっぱり ヘプバーンのほうが 高貴な美貌に ぴったりな感じがします
[PR]

# by tukitodoraneko | 2007-01-17 21:00

ラウンド・スシ!?

外国人って お寿司すきですよね
「日本食 大好き」って言うから 「何が一番好き?」と聞くと
満面の笑みで 「round!」 なんだそりゃ?と思ったら回転すしのことなんですね
ロンドンにも 回転すしはたくさんあります
でも お寿司だけじゃなく ハンバーガーやポテトまで回ってるし
まあ ファミレスの回転版みたいですけど 結構流行ってます
上機嫌の外人たちの間に たまにはさまっている日本人は
あぜんとしてるか かるく怒ってるかで お気の毒に思います

まえに サッカーチームのレアル・マドリッドが来日したとき
歓迎のバイキングパーティで 全員がスシのカウンターに殺到してるのを
見た覚えがあります
みんな「ツナ!ツナ!」って まぐろの握り うれしそうに食べてました
たしかベッカムは かっぱ巻きが大好物なんですよね
W・カップの時 ベッカムは朝食によく かっぱ巻きリクエストしてたそうです

そんなにお寿司好きなのに なんで「おさしみ」はダメなんでしょうね
ご飯といっしょならいいの?
でも ちらし寿司やさしみ定食 たべてる外人も見たことないなあ

と 思ってたら この間 飛行機のなかで こんなアメリカ映画みました
主人公は バリバリのエリート設計士で 部下に言うんです
「今度の仕事は 急いでやれよ!依頼主は日本人だ!
奴らは 魚が焼けるまで待てないんだからな!」 って

あー そういうことね! スシと焼いてない魚は 別物なのね
と 納得しました
でも ちょっと ツッコミたい!
「日本人だって 焼き魚はちゃんと 焼けるまで待つわよ
自分たちだって ステーキは 待てないくせに!」 って・・・
[PR]

# by tukitodoraneko | 2007-01-16 15:12 | ロンドン

綱吉も応援! 江戸検定結果

f0122653_1301083.jpg年末年始バタバタしているうちに 江戸検定の集計がでてました
受験者数1万500人って すごいですよねー
うち 約7000人が3級 3500人が2級を 受験しました
始めは 2000人をめざしていた検定なのに
甘く見てましたね 江戸ブーム
そこで気になるのが 合格者数
2級で44% 3級で88%の合格率なので
それぞれ 1500人 6000人が
合格バッジを 手にしたわけです  ちょっと多すぎじゃないの?!どうなの主催者?
江戸文化に興味を持つ人の 裾野が広がるのは とてもいいこと
だけど 3級では合格点(70点)より 平均点のほうが10点以上 高かったんですよ
たしかに 初めての検定って 主催する方も程度がわからないので
(まして こんなに受験するとは・・・)仕方ないのかなあ
心配なのは 今年の第二回・・・
2級に受かった1500人 みーんな1級受けるのかしら?
その場合 今度はどのくらいに絞られるのかしら?
今年に懲りて うんと難しくなったりして・・・

教えて! つなよし様っ!!

(写真のつなよし様は 江戸検の公式応援団であらせられます
むつごろうランドからおいでに なられました)
[PR]

# by tukitodoraneko | 2007-01-15 13:51 | 江戸のあれこれ

お正月は 時代劇ラッシュ

昨年の暮れは 大奥ものすごかったですね
映画で「絵島生島」が公開中ってことで 8チャンはCMも大奥尽くし
これに対してテレビ東京は「忠臣蔵」 浅野夫人 あくりの陰謀みたいな
年が明けると 「白虎隊」「明智光秀」そして今年のNHK大河は
「風林火山」武田信玄だそうです
歴史のお勉強のために 時代劇は気軽な教科書
もちろん 虚実とりまぜて面白くつくっているんだから
そこのところは 気をつければ 映像でみる歴史的事件は
覚えやすいし なんと言っても綺麗だし・・
本当は 絵島はちょっと門限に遅れただけ(それも夕方四時!)
水戸黄門は ほとんど水戸を出てない
宮本武蔵が決闘したとき 小次郎はもうよぼよぼじいさん
とか 真実は味気ないものだから
お正月くらい 華やかで 楽しい時代劇 おなかいっぱい
見たいです
[PR]

# by tukitodoraneko | 2007-01-08 10:34 | 江戸のあれこれ