わたしの 「東京タワー」

お盆やお正月のたび テレビは大渋滞の高速道路や 朝の通勤電車なみに ぎゅうぎゅう詰めの新幹線を 映し出す
(あんなにしてまで 帰りたいところがある人たちが これほどいるんだ)
あの 民族大移動を見ると そう思う
f0122653_148562.jpg田舎とか故郷というものを もったことがない

父方の祖父母とは 同居していたし
母の実家は 同じ通りの5、6軒さき
母はいつも つっかけをはいて 「里帰り」していた
子供のころの 長くて暑い 夏休み
「田舎のお婆ちゃんち 行くんだ!」という ともだちは
ちょっと うらやましい気がしたが
それも (海や山の近くに行けていいな) くらいの
漠然としたものだった
そこが どんなに素敵な楽園でも
 一度も行った事ないから わからない
夏の終わりに 真っ黒に日焼けして帰ってくる友達をみて 東京のもやしっ子は そう思った

最近 「東京タワー」という 本やドラマを よく目にする
大阪から ひとり上京してきた「ボク」と「オカン」のはなし
ボクにとって 東京タワーは 遠くはなれた都会の象徴なのだろう

人は 昔から いろんな夢を追いかけて 東京へ来る
そして ほとんどの夢は かなわないまま 終わっても
「そこに行けば 夢がかなう場所」 を
もてることは 心から うらやましい

東京タワーは 私にとって なんの象徴でも ありえない
長い夏の昼下がり 一人遊びに飽きて 外に出れば
東の空に いつもあるもの
それだけの ものだった

東京に生まれた悲しさは
ふるさとに帰れないないことではなく
上京できない ことなんだと
このごろ思う
[PR]

# by tukitodoraneko | 2007-01-25 15:16 | 東京 | Comments(0)

うまい 「噺」にのって 江戸へ行こう

江戸の空気に触れたくなると 時代劇をみたり 本を読んだり 古地図をひねくり回したり
いろんなことをする   人それぞれでおもしろい
名所・旧跡を訪ね歩く人もいるし 名店を食べ歩いて 胃袋で江戸を堪能する人もいる
歌舞伎を見に行くのも 着物をきるのも プチ江戸旅行
三味線・小唄なんて 習うのも意気だねぇ 

こんなに 江戸ブームなのに 最近 落語を聞く人が 少なくなってちょっと寂しい
江戸の雰囲気に つかりたければ 落語ほどいいものはないのに
でも しかたないかなぁ とも思う
寄席に行く人が減って 席亭はどんどん つぶれるし
何より 「江戸の匂いのする噺家」が いなくなった
f0122653_1491824.jpgわたしが 子供の頃 六代目 三遊亭園生 (ホントは園の字は 中が員なの)がいた
小粋なきれいなおじいさんで 出てくるだけでふうわりした華があった
なよなよした絹物ではなく 何度も水をくぐった浴衣のような 清々しい色気があった
どこぞの大店の若旦那が 道楽が過ぎて 勘当されて 噺家なんぞになって 身すぎ世すぎしてるかのようで 
思わず 肩入れしたくなる 
そんな 質(たち)の良さもあった
そして 何よりも 園生は 「江戸の匂い」を もっていた
長屋の八っつぁん、熊つぁんから 吉原の花魁まで
園生が 語りだせばそこは 江戸になった
私たちは 与太郎や 太夫や若旦那といっしょに 泣いたり 笑ったりした・・・

いま私は CDをかける 
日によって 気分によって 「らくだ」 「品川心中」 「鰻の幇間」・・・

窓の外には 電車がはしり 頭の上には 飛行機だってとぶ
それでも 出囃子にのって ながれだす園生の声と共に

ここは すこしのあいだ 「江戸」 になる
[PR]

# by tukitodoraneko | 2007-01-24 15:40 | 江戸のあれこれ | Comments(0)

たまには「鬼平」以外と歩く 江戸の町

シャーロック・ホームズは 確かに世界一 有名な探偵ですが
同時代 日本にも おなじくらい大活躍した 方々がいましたよね
f0122653_9442280.jpg野村胡堂の「銭形平次」 横溝正史の「人形佐七」
最近では いろんな実在人物が 探偵役をする捕物帳があって
それぞれ 特徴があって楽しいものです
山東京伝や 滝沢馬琴 平賀源内 本当に様々
でも 私の一番のお気に入りは やっぱり三河町の半七親分
もともと 半七親分は 岡本綺堂氏が
「ホームズに 江戸の町を 走らせたい!」 という趣旨で
書き始めたものです
その言葉どうり 半七は まあよく 歩く!歩く!
この頃の 町人は馬にも乗らないし かごにだって めったに乗らない
二本の足で とにかく 歩く
時には 横浜まで 異人がらみのヤマを スケに行く
かと 思えば 甲州街道を 府中 六所の宮まで 祭りにからんだ失踪事件を 調べに行く
同心の奥様が 保養に箱根にいけば また見舞いに行く  
しかしこの 「移動手段が てめえの足だけ」ってところが 実にいい具合に江戸なんですね
交通機関が 便利で早くなるにつれ 生活テンポも変わってきてしまいます
車なら 一瞬で通り過ぎてしまう 桜並木も
自分の足で歩く 江戸の人たちにとっては 「どこまでもつづく花の天蓋」だったことでしょう
そして 坂の途中で振り向けば 江戸のどっからでも 富士のお山が 拝めたことでしょう
 贅沢だなぁ・・・

「半七捕物帳」 を開くと ほんの一刻だけど そんな江戸のゆったりした空気に包まれる・・
いま時分だと 霜柱のたつ路地裏を 親分と後先にたって 歩き回るここちがする

「甘く見ちゃあ もらうめぇ!年ゃあ 取ってもこの半七 
 足弱なんぞに 先ぃ 越されちゃ 堪るけぇ!」

 あれ! 待っておくれよ 親分! 後生だからさあ・・・
[PR]

# by tukitodoraneko | 2007-01-23 12:09 | 本の話 | Comments(0)

シャーロキアンに 乾杯!

ベーカー・ストリート 221b というのは 世界中で 最も有名な住所かもしれません
というのも 1800年代の後半 ここには世界一 有名な探偵が住んでいたからです
f0122653_17321763.jpg

今でも ここには シャーロック・ホームズの下宿があります
残念ながら ホームズはたいてい留守ですが
かわりに 白いお髭のワトソン博士が にこやかに迎えてくれます
長いドレスに ボンネットをかぶった本物(?)のメイドさんは
おそうじに大いそがしですが
ドアの外に いつも立っている ハンサムな警官は 
喜んで いっしょに写真を 撮ってくれます

たずねる時は 名刺を 忘れずに!
かならず ホームズ氏に わたしてくれますから
[PR]

# by tukitodoraneko | 2007-01-22 17:57 | ロンドン | Comments(0)

バークレー・スクウェア 50番地の家

この手の話が 大好きな方なら この住所だけで わかってしまいますね
そう ここは ロンドンで一番 有名な 「幽霊屋敷」 なんです
f0122653_155201.jpgピカデリーから 歩いて数分 
高級住宅地 メイフェアにあるこの家には
1820年代イギリスの首相も住んでいました
その後 1859年には マイヤーズという人が ここを 結婚後の新居として 借り上げます
ところが かれは結婚式当日 花嫁に逃げられてしまうのです!
その日から 一室に閉じこもった彼は 夜になると 甘ーいスィートホームになるはず
だった家の中を ろうそくをかかげて 歩き回るのでした
このあと彼が どうなったか 定かではないのですが
「幽霊屋敷」 の噂が 立ち始めるのは このあたりからです

1879年に 「メイフェア」という雑誌が <バークリー・スクウェアのミステリー>として 
取り上げるまでに この家では 多くの怪死事件が 起こっていました
 二階の一室で 悲鳴を上げたメイドは けいれんを起こし 翌朝亡くなりました
 娘の婚約者は 一発の銃声を残し 恐怖の表情で 息絶えていました
 幽霊の正体を あばきに行った 勇敢な貴族でさえ・・・

1931年になると チャールズ・ハーパー氏が 「幽霊屋敷」という本の中で
 この家は もともと デュプレという人物が 所有していたと 述べています
そして 屋根裏部屋には デュプレ氏の狂った兄弟が 閉じ込められていたと・・
 凶暴な狂人の 恐ろしい叫びは 外を歩く人の耳にも 届いたといいます

日本で読んだ ある本には 「荒れさびれ 崩れそうなこの家は もうかえりみる人さえない・・・」
と 言ったようなことが 書いてありました
(今は どうなっているのかしら?) という軽い好奇心から 訪ねていった私の前には・・・

えっ! 何? 50番地って! あるじゃん!! 表札まで 着いてっ!!
ガーン!! またまた カルチャー ショーック!!
呆然とするわたしに 上品そうなお婆ちゃんが 話しかけてくれました
「幽霊屋敷 見に来たの? まあ日本から? ここ 今は有名な古書店が
入ってるの 私が子供のときからよ・・・
「もちろん 今でも でますとも だって幽霊屋敷ですもの でも夜こなくちゃだめよ」

で 行ってみました 夜に (もの好き!!)

昼間とは ガラッと変わった ものさびしい広場のかたすみで
たった一軒 真っ暗な窓を並べた その家は 
何かを待っているように 佇んでいました
 ( ズーット ズーット ココニ イルヨ・・・)
あの時 窓に映った かすかな灯りは 
通り過ぎる 車のライトだと 思うことにしましょう
[PR]

# by tukitodoraneko | 2007-01-21 17:46 | ロンドン | Comments(0)

江戸とロンドンは わりと近い

「江戸好きは わかるわ たくさんいるもの ロンドンだってはまってる人は いるわよね
でも なんで 両方なの?」 と よく聞かれます
「お父さんとお母さん なんで両方 好きなの?」 と聞かれてるみたいで
ちょっと 困ります
「都市の成立過程が わりとにてるんだよー
同じ 島国だしさー 江戸の文化は町人が支えたでしょ
ロンドンでは シティの人々がね・・・」 などと 言ってみても
「ふーん・・」 と しらけた顔されるのがオチ
(そんなに 興味ないくせに 聞くなよォ・・・)

聞かれるたびに オタオタする自分が ちょっとイヤ
携帯の着信 見られたお父さんみたいで・・・
だから ここでちょっと 整理してみましょう

もともとは 心ならずも 英文科に入学してしまったことが 原因でした
退屈そうだなー と思っていた英文学
あれ?おもしろいのもあるじゃん!と 最初に感じたのが
いわゆる 「日記文学」でした
 へぇー ロンドン大火って そんなにすごかったの 振袖火事と同じ頃だね 
 ニューゲート監獄速報ってのは いわば「瓦版」だね
ホントにあったことを 見ていた人が書くんだから おもしろくない わけがないf0122653_1174971.jpg
その頃 たまたま手に入れたのが ロンドンの古地図
わっ! ここが タイバーンの処刑場だったんだ! (江戸の小塚っ原ね)
ジャック・ザ・リッパーの 犯行現場はここで・・・
シェイクスピアは ここのパブの常連だったのね
と はまりまくり!
「鬼平犯科帳」を 読みながら 江戸の切絵図を たどる楽しみ
または 古地図を持って 現在の町を 散策する楽しみ
それを わたしは最初に ロンドンの町で 覚えたのです
 
たった一枚の地図が 魔法の絨毯のように いまはもうない町に連れて行ってくれる!
そこを 飛び回る楽しさは 江戸もロンドンも まったく一緒なのでした
[PR]

# by tukitodoraneko | 2007-01-20 11:31 | Comments(0)