<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

それぞれのクリスマス

f0122653_12131358.jpgMerry Christmas!
← 本で作るブックツリー 
東洋文庫が緑色なので
いいかもしれません
まあ大人だけの一家だし
そのうえ今年は平日だし
サンタさんも 来ないので
盛り上がりませんがね
一年に一度じゃなく 毎日 給料を運んで
くれる家人が サンタかもねー
「恋人が サンタクロース♪」という歌もあったけど
「旦那が サンタクロース♪」ですかね

今年も一年よく働いてくださったので 今夜は 家のサンタに 一本つけますかな?
[PR]

by tukitodoraneko | 2014-12-25 12:33 | よしなしごと

東都歳事記

押し詰まってまいりました 
貧乏ひまなしで 何とか年を越そうと 駆けずり回っております

さて 来年のお題の発表とともに 皆さんの試験結果が郵送されてきたことと思います
個人的に 御報告いただいた皆さん ありがとうございました
残念でしたが もう一年「現役」受験生でいられるチャンス!と 思ってくださいね
思い返せば 大学受験の最中が人生で最も勉強してましたよね
「現役」時代が 花ですね
江戸検も一回受かったからといって そこが終点ではありません
一級合格者として また新たな努力をしていかないと 
「受かりたい」と思っていらっしゃる方々に 失礼となります
ご一緒に 楽しくお勉強いたしましょーね!

そんな中 例年の歳末恒例「新宿京王古書市」が 今年はありません
残念だなー・・・
f0122653_14322778.jpg

仕方ないので 手持ちの中から 参考図書を・・・
上の「東都歳事記」は ちくま学芸文庫版です
東洋文庫版も ありますので お好みで
「名所図会」と同じ 斉藤月岑(げっしん)の著作です
読んどいてくださいね 

年末・年始は 大型古書店めぐりをしようかと計画してます
よい本がありましたら またあげていきます
忘年会・新年会のお誘いも 受け付けておりますよ~ よろしくね~^^/
[PR]

by tukitodoraneko | 2014-12-20 14:45 | 江戸文化歴史検定

祭だ わっしょい!

f0122653_13155747.gif

はい!・・・ということでねー
毎日 心待ちにしていた来年度 江戸検10回目のお題は
「祭りだ わっしょい! ~江戸の祭りと催事~」
と 決まりましたねー 
さあ 今日から来年に向けて 頑張らないとね^^p
思えば 文京学院大学の 矢島先生の講座 受けとけばよかったですね
ここにつながってたんですよ
「祭りと催事」といえば 天下祭ばかりではなく 縁日や富くじ 相撲の興行
伊勢参りや大山詣も その中に入るでしょう
この時期は そろそろ歳の市も始まりますね
まだ ひっちゃきにお勉強する必要はありませんが
日々の生活の中で 頭のスミにおいて 少しずつ情報をためて行ってください
千里の道も一歩から
今日は 来年の江戸検に向けての「はじめの一歩」です
頑張って~ ^^/
[PR]

by tukitodoraneko | 2014-12-18 13:32 | 江戸文化歴史検定

歴史はジグゾーパズル!

米津内蔵助田盛(みつもり・ただもり)って 知ってますか?
江戸初期の旗本で お父さんの勘兵衛田政(みつまさ・ただまさ)は 初代北町奉行です
最上騒動の時 調停役として派遣された人ですよ
米津は よねづではなく「よねきつ」とよみます
この人の下屋敷は あの「江戸図屏風」にも載っています
f0122653_16413586.jpg屏風右隻の一番左の下部
浅草橋の北の隅田川沿い
「米津内蔵助下屋敷」です
越前松平や御三家 大大名の屋敷ではなく なぜ 
この人の下屋敷の絵が・・・?
その秘密は どうやらこの絵にある隅田川につながる水路にあるようです
気がついたかな?
そうです この人の庭には「潮入りの池」があったのですね
家康の江戸入り前まで 低湿地であったこの地域 埋め立て後も 
満潮時には海水が入るのですね
なぜ潮入りの池がいいのか・・・それは池に住む魚の種類の豊富さだけでなく 
潮の満ち干によって「景色が変わる」からです
この人のお庭は そのために有名だったのでしょう
f0122653_17162391.jpg庭だけでなく この田盛自身も 出世して大坂で一万五千石をもらい 大名の仲間入り
娘は あの豪商・四代目淀屋重当に嫁ぎましたので
この娘婿が寄進した立派な供養塔が 大坂の臨済宗・大仙寺に残ってます
← 十三石塔
先月の江戸博ガイドのため 江戸図屏風を見ていて見つけた米津家下屋敷
これが 本やネットの情報をこつこつ集めていたら
ある日 ジグゾーパズルの1ピースのように パチっとはまり
米津親子とその娘 そして淀屋の関係までが きれいに収まる瞬間
ああ・・・!歴史っておもしろいな!と 心から思うのですね
オタクな感想 ^^? ま、寒いので ホントにお宅にいますので 仕方ないか! 
[PR]

by tukitodoraneko | 2014-12-04 17:28 | 江戸のあれこれ