<   2012年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

春信との邂逅

f0122653_11204967.jpg私の普段の読書は「歴史」「日本文学」に限ったわけでは
ありません
ほとんど同量の海外文学も読みます
ベッドで読むのはたいてい海外ミステリー
中でも「コージーミステリー」という分野です
cozy=居心地の良い 
コージーコーナーという洋菓子のお店ありましたね
その名の通り 暴力的・性的描写のない たいていは女性が主人公のミステリーを こう呼びます
頭を使わず 嫌な思いをせずに読める睡眠剤といったところですね
アガサ・クリスティの小説が代表的でしょうか
← この有名な「シャム猫ココ・シリーズ」は
そのうえ 大好きな猫がでてきますよ
作者のリリアン・J・ブラウンは 残念ながら昨年97才で亡くなりましたが 
シリーズは30冊あまりあって 多くのミステリー好き 猫好きに愛され続けています
カバーイラストを 山城隆一さんが書かれていたのでも有名ですね
しばらくぶりに これを最初から読み返そうと思って 手に取ったのが上の本
この中で びっくりする描写がありました
第一作は 登場人物がアメリカの都会の美術関係者ばかりなのですが
その「バレンタインパーティ」の場面
このパーティは 史上有名なカップルに扮してでるいわば仮装パーティです
ロミオとジュリエット アンソニーとクレオパトラ といったところが一般的
f0122653_11524330.jpgところが ホストのアーティスト(もちろん大金持ち!)夫妻が扮したのが 何とこれ! →
「わたしたち 雪化粧の中の若い恋人達なの
 あら ご存知でしょ?あの有名な浮世絵よ 
 春信の」
そういう夫人は 白い着物に 幅広の黒い帯
真っ直ぐな黒髪を すっぽり包むように白絹を
かぶっている・・・というコスプレっぷり
もちろん金髪の夫は 黒のキモノスタイルです
いやー びっくりしましたね!
この本 日本で出版されたのは1988年ですが
アメリカでは1966年に出ています
当時のアメリカでは いかに芸術家の集まりとはいえ 「春信」までが そんなに有名だったのでしょうか?
なんだか思いがけない所で知り合いに合った気分
ロンドンのパブで 「やあ 日本人だね どこから来たの?戸越銀座知ってる?」と 
身長2mくらいありそうな外人男性に いきなり流暢な日本語で話しかけられた時くらい 
びっくりしましたよ
数十年前に一度読んだ時には スルーしていたんですね
懐かしい本の中には 思いがけない出会いが隠れている・・・という話でした
[PR]

by tukitodoraneko | 2012-05-30 12:17 | 本の話

兵は 詭道なり! 孫子の兵法

f0122653_15403284.jpg大河に出てきた「孫子の兵法」
頼長信西の解釈の違いが 正反対でおもしろかった!・・・という意見が多かったので ちょっと書いて
みましょうね
「孫子」というのは 中国の「春秋時代」の人で 
これは紀元前700年から400年のこと
日本では 神武天皇と同時代 まだ神話の時代ですね
孫子が この書を書いたのも だいたい紀元前500年代と言われていますよ
日本には 天平の頃(8世紀)遣唐使だった吉備真備
伝えたと推測されます
まー ざっと千年以上経ってから 伝わったわけです
源 為義の祖父・八幡太郎義家も 大江匡房から伝授され
f0122653_15553995.jpg「前九年・後三年の役」で 「水鳥の飛び立つ所に兵がいる」という兵書の言葉をひいて 
伏兵を見破ったと「古今著聞集」に載っています
最も有名な言葉は やはり武田信玄が旗印にも使った
「風林火山」でしょうか はやきこと風の如し・・・ってやつですね
f0122653_1605570.jpg頼長 信西二人がひいた
「夜 呼ぶものは恐るるなり」は もともと敵陣の様子を判断するための方法で 「おびえた敵は 夜の陣中でも 立ち騒いでいる」と言った意味で 実際にはあまり関係ない文句です
「理に合えばすなわち動き 理に合わざればすなわち止まる」
というのも なんにでも当てはまる一般論に近いですが
夜討ちをかけるかどうかの場面で 正反対の意味に使われていました
頼長は「動かないこと」を選び 信西は「動く」事を選んだというわけですね
当時のいくさに「卑怯」という観念は 武士にはなかったでしょう
相手をだまして勝つのは 「賢い」方法であったのです
孫子も「兵は 詭道なり」つまり 戦とは 敵をだます行為だと言っています
この辺の考えが 公家である頼道には 理解できなかったのでしょう
最後に 為義が「だまれ! 戦を知らぬものは 耳をふさいで 時をすごされよ!」
と 頼長に向かって怒号を浴びせますが 初めて武家の棟梁らしい為義の一言
ジーンとしましたよ 
ついつい応援したくなるのは やはり判官びいきのお国柄?
[PR]

by tukitodoraneko | 2012-05-29 16:28 | 大河ドラマ

怪人 八郎為朝!

はい! こんにちわ~
当ブログは基本「江戸(を含めた歴史)ブログ」ですが たまに脱線します
昨日は わが母校(女子高)の同窓会だったので ちょっとその話を・・・
私が女学生だったのは すでに今をさかのぼること数十年前ですので
広義にみれば もうすでに「歴史」の一部かと・・・
名刺をバラまいてきましたので 今日初めて読んでくださる同級生もいるかな?
こんなん 書いてますよ~ よろしく~^^/

さて!では大河に戻りますよ
思いのほか「保元の乱」が 続くようです
あまり先に進んでもわかりにくくなりますので 今日はこの人のことでも・・・
f0122653_1111755.jpgf0122653_11112435.jpg









鎮西八郎為朝ですねー
先週から急にクローズアップの インパクトあるこの人
源為義の八男で 義朝の弟 こう見えてまだ10代です
おそるべきティーンエイジャーですね
小さい時から乱暴者で 13才の時 実の父・為朝から豊後に追放されますが
そこでも大暴れして 九州諸国を侵略し「鎮西」をなのるんですね
背は2mを越え 弓を引く為 左手の方が12cmも長いという伝説の人
あくまで創作である「保元物語」は この人が主役です
清盛の家人・伊藤景清を狙った矢が その息子・忠直を鎧ごと貫き
その兄・忠清の左腕に突き刺さるという 豪腕っぷり!
昨日の大河でも やってましたねー
この人は 乱の後も武勇を惜しまれ 伊豆大島に流罪で済みました
でも大人しくしているわけもなく また大暴れでとうとう自刃
それでも そのケタはずれの暴れん坊ぶりが愛されたのか
義経同様 生存説がつくられ 伊豆からなんと今の沖縄まで行き着いて
琉球王国の祖となったという話もあるんですよ
これは 琉球を統治する為 また友好関係を保つ為に 後に作られた話です
歴史の中には こういった種類の「生存説」が山ほどありますが
その主人公が これほどの「暴れ者」という点では 為朝の右に出るものはいないでしょう
大河の為朝も なかなかその怪人ぷりがステキです
視聴率もあげてくれよ 為朝!

てなことを 毎日のように書いてますよー
アコ・ヒーさん・ユーコ・リンさん・ジェリコ・こんちゃん・マチャ・たまちゃん
ふくちゃん・くぼちゃん あと石津先生 加藤先生 まだまだいっぱいの同級生
たまには 読んでね~
 
[PR]

by tukitodoraneko | 2012-05-28 11:56 | 大河ドラマ

平清盛 第21回「保元の乱」

f0122653_1063910.jpg

さて とうとう最初の山場「保元の乱」です
鳥羽院が亡くなったのが7月2日
崇徳院・頼長が 白河北殿に移ったのが 10日です
同じ日 内裏・高松殿では 後白河天皇の前で 信西・清盛・義朝
そして関白・藤原忠通以下の公卿が 集まり作戦会議
この時 義朝は 先制攻撃を強行主張し 信西もこれに味方しました
これを聞いて 関白・忠通は 天を仰いで絶句したそうです(「愚管抄」)
まさか 元天皇であった崇徳院を攻めることなど 思いもつかなかったのですね
結局 この「保元の乱」は じゃまものを蹴落とし 思うとおりに政治を行いたい信西
同じく 自分の立場を強化したい後白河帝
これをきっかけに 出世したい義朝
三者の意向によって 起こった戦いです
11日早朝 とうとう忠通は攻撃命令を下しました
義朝は「これで のびのび戦える!」と 叫んだそうですよ
清盛の率いた平氏一門の数は 源氏より多かったそうですが
この会議の間 とりたてて発言の記録もないところを見ると
おそらく 平氏にとっては あまり気の進まない戦いだったのでしょう

明日は 源平それぞれの身内の戦いで盛り上がりそう
でも 清盛は戦う気 なかったんだよ ということだけ覚えといてくださいね
では また!  
[PR]

by tukitodoraneko | 2012-05-26 10:33 | 大河ドラマ

京 九重に匂いぬるかな

f0122653_14115834.jpg先日 極骨さんから ←この本 借りましたので
書いておきましょう
ニオイ全般のことが書いてありますが ここはトイレに関してだけまとめてみますよ
現代はもう「ウォシュレット」以外のトイレは知らない
という方 多いでしょうねー
あ、学校はまだ 和式なのかな?
でも すでに水洗ですね
私の子供の頃は 汲み取り式ぼっとん便所が普通でした
えー 考えられない!という方
大河に出てくる やんごとなき方々のトイレ事情を知ったら 平安に生まれなくて良かった!と 思えますよ

f0122653_141927100.jpg基本 都の庶民は 路上排泄
大も小も 適当に野外でしていたのでしょう
「今昔物語」「宇治拾遺物語」などでは
四条北の小路で 皆が排泄するので ここが「糞の小路」と呼ばれたという話が載っています
それを聞いた時の聖徳帝が それではあまりにひどい・・・と「錦小路」と名を変えさせたというのですが 現状は変わらなかったでしょうねー
ここ現在は「京の台所」とよばれて食材市場がありますが 平安時代には「京の便所」だったんですね
f0122653_14275160.jpgでは庶民以外のやんごとなき方々は?というと → こういう「樋箱」(ひのはこ)と呼ばれる「おまる」を
使っていました
上は「小」用 下は「大」用
下のは 取っ手のある方を後ろにして ここに着物をかけるようにして使います
これは 使うときに片隅に置き 着物をかけたついたて等で囲って お姫さまは扇で顔を隠すようにして用を足したそうですよ
済むと 片付け専用の人・・樋洗(ひすまし)役の人が来て片付けます
中味を 樋殿の大壷などに捨て 洗い清めるのですね
お姫さま付きは 樋洗童など 少女がつとめたようです
次回の大河で 敗死する藤原頼長 彼の書いた「台記」の中に おもしろいエピソードがあります
当時の男性は「傘持ち」役の舎人(使用人)に 尿筒(しとづつ)を持たせ 
簡易トイレ(小用)としていました
ある時 頼長が 南殿でくつを脱いでいる時 急にもよおしたのですが 
あいにくここにはトイレもなく 困っていたところ 
供人の以長(よりなが)がタイミングよく これを差し出し 
頼長は その用意のよさに感心して あとからほうびに紅単(布)を送ったということですよ
トイレに関してだけは 現代の庶民の方が ずーっと文化的ですねー
[PR]

by tukitodoraneko | 2012-05-25 14:53 | 大河ドラマ

ただいま1300年前を放浪中!

f0122653_11194371.jpgここのところ しばらくの読書傾向は 江戸から遠くはなれ 過去へ過去へさかのぼっています
で、今一番 興味あるのは ← この人かなあ・・・
ご紹介しましょう 神武天皇です!
あ、絵は芳年です (そもそも「名将」でいいのか、という
問題もありますが・・・)
そーんなの誰でも知ってるわよ!というあなた
じゃあ この人 いつごろの生まれか知ってる?
紀元前711年に生まれ 127才まで生きたんですよ
もうほとんど バイブルと同じ世界!
そしていわゆる「記紀」(古事記・日本書紀)にしか出てきませんが その「記紀」が編纂されたのは8世紀のはじめ すでに1400年が経過した後 書かれた本なんですね
そして 現在の考古学・歴史学 両方において 初代・
神武から 九代・開化天皇までの9人の天皇の実在は 
f0122653_11464197.jpg完全否定されています
亡き父は晩年 いきなり「ジンム・スイゼイ・アンネイ・イトク・・・」と唱えだし 何の呪文か はたまたボケちゃったのか・・・と私を心配させましたが 「うああ 覚えてるもんだなあ」と言って 戦時中暗記させられた「歴代天皇」の名前だと 教えてくれました
いもしないものの名前 暗記させられて ご苦労さまでした
でも 最初の何人かが架空としても 馬鹿にしたもんじゃないんですよ 「記紀」は日本の古代を知る数少ない史料 
そのうえ文学作品としても おもしろいのです
「因幡の白うさぎ」「ヤマタノオロチ」「海幸彦・山幸彦」の話は ここから出ています
f0122653_12121535.jpg
江戸好きなら誰でも読む「江戸名所図会」にも
東征したヤマトタケルの絵が載っていますね
これは 秩父・岩倉山に武具を収め 「武蔵」の国と
名づけた時のことです
こんな風に 歴史はすべてつながっていますね
特に今年は「古事記」成立1300年なんだそうです
今 ちまたの本屋さんで 古代史系の本が続々出ていると思ったら そういうわけだったのか!
最近 新書で読んだ本 いくつか出しておきますので 
読んでみて! おもしろかったですよ
「古事記と壬申の乱」 関裕二 (PHP新書) 
「天皇陵の謎」 矢澤高太郎 (文春新書)
「古代豪族のルーツと末裔たち」 歴史読本編集部編 (新人物文庫)
[PR]

by tukitodoraneko | 2012-05-24 12:28 | よしなしごと

スカイツリーと江戸ムラサキ

f0122653_112122.jpgさて 昨日開業のスカイツリー
ライトアップもきれいでした
← とくに「雅」をあらわすこのムラサキ きれいですね
と いうことで今日は「江戸ムラサキ」のはなし
古来 世界的に見ても 紫色の自然染料は とても少なく
このため「紫」は 高貴な色として禁色になっていました
一般庶民は使うな というわけですね
ところが 武蔵野の原には 紫の原料となる植物が
大量にありました
f0122653_11174410.jpgそれがこの
ムラサキの花 →
花は白ですが

f0122653_1118665.jpg← 染料になるのは この根っこの部分
「紫根」といって 漢方薬にも使われますね
この状態で 指でさわっても 色がつきますよ
この根を砕いて 水につければ 江戸ムラサキの出来上がりです
京の赤みが強い紫に比べ こちらは青が強いすっきりした紫です
f0122653_1123224.jpg紫根で染めた絹の鉢巻は
「病鉢巻」とよばれ 薬効があるとされました
よく時代劇で 病気の殿様が
頭に巻いてますね これよく見ると必ず 頭の左側で
結んでいます
歌舞伎の助六は この鉢巻を反対の右側で結び
みなぎるパワーを 表現したんですね
八代将軍吉宗は 浦上弥五左衛門に「延喜式」に記載されているとおりに古色を染め出すことを命じ
弥五左衛門から命を受けた後藤縫殿助が いくつもの染料を再現して 「式内染鑑」という本をを刊行しています
「延喜式」というのは醍醐天皇(九世紀初頭)の命で編まれた律令集ですが 細目が多く 当時の習俗を知る重要な資料ですね
f0122653_11404088.jpg近代 科学染料が一般化し この紫の花は 絶滅危惧種に入っています
そこで 国分寺市の「殿ヶ谷津公園」では この花を栽培し保護 染色再現を行っています
ここは 国分寺の駅 南側すぐのところ
もとは 大正2年 満鉄副総裁・江口氏が別荘としてつくり
後 昭和2年に あの三菱の岩崎彦弥太が 買い受けています

今は 都立公園ですが 武蔵野の面影を残し 
カタクリの花が 群れ咲くのでも有名ですよ
[PR]

by tukitodoraneko | 2012-05-23 11:53 | 江戸のあれこれ

金環食にプロポーズ!

f0122653_12163420.jpgはーい!金環食よく見えましたね!
スカイツリーの近くで見てた方 金のリングが重なって
まるで 結婚式でリングをはめる瞬間のように見えたでしょう
この時をねらって プロポーズした人もいたようですよ
← こーんな感じでしょうか?
f0122653_12185820.jpgロマンティックですねー (断れませんねー)
さて 今回の金環食は 東京で見れるのは173年ぶり
前回は 天保10年(1839)8月1日 八朔の日でした
幕府天文方の山路弥左衛門・金之丞親子が指揮し
小石川・三百坂にあった観察所(渋川家居宅)で 観察しました
別働隊は 築地で観測したそうですが 
この時の金環食は 日の出とともに始まったそうですので
小石川では 木々が 築地では船の帆がじゃまになって
一時 観測できなかったと 書いてあります
じゃあ なぜ そんなとこで 観測したんでしょう・・・?
この観測の総責任者は 渋川景佑で この人は高橋家から
養子に入った人です
父は 高橋至時 実兄はシーボルト事件で獄死する高橋景保ですね
今回の金環食は 九州から東北まで広範囲に見えたもので
日本の人口の3分の2は 見れただろうと言う計算です
これほど広い地域で見れたのは 932年ぶりとか・・・
ちょうど 平安後期ですねー
f0122653_1238403.jpg
そういえば「平家物語」「源平盛衰記」などには「水島の戦い」の時に 
金環食が起こったという記述があります
寿永2年(1183)年 閏10月1日
備中(岡山)水島で 都落ちした
平家と 木曾義仲方の源氏が
戦うのですが この最中に金環食が起こり 源氏は驚き恐れて敗退し 元から知っていた平家が勝利をおさめたという話
f0122653_12451858.jpg
平家方が快勝したのはこの時ぐらい
金環食は 「夕日を呼び返した」とう清盛の
一門への手助けだったように思えますね
以降 明治にも 金環食はありました
明治16年10月31日 前もって←こんな
絵も出て 盛り上がったようなのですが
この時は 曇天で 全く見えず
肩すかしに終わってしまいました
今回 見れたのは運が良かったですね
でも まだ観察メガネは とっておいてね
6月6日には 金星の太陽通過があります
どちらかといえば こちらの方が 珍しい現象だそうですよ
日本のどこからでも 長時間にわたってみれるそうですので 今日 天気が悪くて見えなかった方 こっちにチャレンジしてみてね
プロポーズ失敗した方も セカンドチャンス!
「君は 僕の太陽を横切るビーナス(金星)だ!」とでも 言って もう一度トライ!
[PR]

by tukitodoraneko | 2012-05-21 13:03 | よしなしごと

平清盛 第20回「前夜の決断」

f0122653_1221432.jpg

はい とうとう「保元の乱」です  1156年(いいころ)に保元の乱と覚えましたね
この年 6月 鳥羽法皇は重態におちいります
同時に 京の町には「崇徳院頼長がクーデターを企んでいる」という噂が
流れ始めます 噂の出所は だいたいわかりますね
鳥羽院は 不測の事態に備え 源義朝など源平の武士を呼び寄せ
内裏と鳥羽院を警護させていました
そして7月2日 28年に渡る「院政」を続けた鳥羽院は 54才で死去
大河同様 臨終に駆けつけた崇徳院は 面会もできず 葬儀にも参加できませんでした
その3日後 後白河は 清盛の次男で 検非違使だった基盛らに命じ
京での 武士の動きを禁じさせます 
翌日には 基盛が 頼長が潜伏させていたという 源氏の武士を 逮捕しました
また8日には 「忠実頼長が 荘園から軍兵を呼び寄せようとしている」という
これもまた風聞が流れ 後白河は「軍兵 上洛禁止」の命も出しています
決定的だったのは 内裏のお隣・東三条殿を「スパイがいるかも・・」と
義朝に接収させ 中で祈祷していた僧侶を捕らえたところ
「頼長の命で呪詛していました」と 自白した事件
なんだか みんな「あの人」のタクラミっぽい 都合のよさですね
このため とうとう頼長は 肥前へ配流されることになってしまいました
そして鳥羽院の初七日の夜 参列もできない崇徳院が 妹を訪ねて行って
白河北殿に入った所 そこには もとから崇徳に近侍している平忠正の子
時盛・長盛兄弟や 崇徳に呼び出された源為義らがいたのですね
次の日に配流が決まっていた頼長は 崇徳院が白河殿に移ったと知り
平忠正・源頼憲 二人の武士をつれ ここへ合流しました
謀反の嫌疑を受けて おびえる二人は わずかな警護をつけて
いっしょになっただけ・・・しかし これは信西の思う壺!
崇徳が送った和解の手紙に 返事すらなく 内裏側は臨戦態勢に入ったのです

今回の大河では 清盛の弟・頼盛の反発が描かれるようです
かれの実母・宗子(池禅尼)は 崇徳の子・重仁親王の乳母だったのですね
このため 清盛自身も迷ったでしょうし 本音を言えば どちらにも味方せず
一門の分裂を避けたいところだったでしょう
しかし ここで決め手となったのが 池禅尼が 頼盛に言った言葉
今回の戦い きっと崇徳院方が負けるので
 ひしと 兄の清盛についてあれ 
この言葉によって 清盛も決意し 一門も大きな分裂をせずに済んだといえるでしょう
では また大河の後で・・・・
[PR]

by tukitodoraneko | 2012-05-20 15:25 | 大河ドラマ

ダイアモンドジュビリー!

f0122653_8551783.jpg最近TVで ロンドンの話題多いですね
天皇・皇后両陛下も渡航なさっています
というのも今ロンドンは久々のダイアモンドジュビリーに沸きかえっているからですね
ダイアモンドジュビリーは「60周年記念」のこと
今年86才のエリザベス女王の即位60年目のお祝いです
女王のお父さんは 映画「英国王のスピーチ」で
日本でもおなじみ どもりだったジョージ6世ですよ
今から60年前の6月2日が 女王の戴冠式でした
f0122653_955116.jpg
60年前の女王 お若く 美しいですね →
ロンドンでは 6月2日から4日間の休日となり
毎日 いろんなイベントが 企画されています
サリーで行われるエプソンダービーには 女王の持馬
「カールトンハウス」も 出馬します
この「女王が 競馬馬を所持している」って感じが
なんともイギリスっぽくて 楽しいですね
3日の午後からは 1,000隻を越える船やボートが世界から集まり テムズ川をパレードします。
これは今から ロンドン史上で最も贅沢なパレードの一つとなると言われてますよ
女王の乗る王室の御座船(ロイヤルバージ)も
ハマースミスから グリニッジまではしります
f0122653_9331961.jpg

↑ こーんな感じですね
翌4日は 英国全土で2012のかがり火(Beacon)が灯されます
セントジェイムズパレスや ロンドン塔でも
中世のような かがり火が焚かれるんですねー
さぞかし 素晴らしい眺めでしょう
5日は セントポールでの礼拝や ウェストミンスターでの昼食会
恒例のバッキンガムのテラスにも 出てきますよ
f0122653_9464247.jpgロンドンの人たちは この間に
ダイアモンドジュビリー・ランチと銘打って 「ストリートパーティ」を行います
これは地域の連携や 活性化のため 政府が奨励してるもので「ビッグランチ」といいます
ご近所さんや 親戚が集まっての路上ランチ 楽しそうでしょ?
日本でも やりたいもんですねー
[PR]

by tukitodoraneko | 2012-05-19 09:50 | ロンドン