<   2008年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

深まる英姫の謎???

え~ 昨日の「篤姫」見たら 余計に「英姫」ってわからなくなりましたよ
あの顔につけてる「ふんどし」みたいのなんですかね?
一説には疱瘡で顔があばたになったので それ以来
御簾ごしにしか 対面しなかったということですが・・・
f0122653_11543517.jpg←この人 あまり資料に出てこないんですよねー
一橋家から嫁に来て 斉彬との子は「お由羅騒動」の時 出てきたように次々に夭折
斉彬の寵愛は 側室・お須満の方が独占状態でした
さすがに江戸を一歩も出てない英姫が
鹿児島育ちの篤姫を生んだというのは 
気が引けたのでしょう
斉彬は 周囲には篤姫の生母は 
お須満の方だと釈明していたそうです
そして 問題の「英姫 実は11代家斉の娘」説なんですが 
この説が載っている資料がわからないんですよねー・・・
「島津家家系図」にも 一橋斉敦の娘 となっています
あと 家斉の子供たちについては 「徳川幕府家譜」
「幕府祚胤伝」などを見ても 該当する娘がいませんねー
英姫が生まれた文化2年に生まれた姫は 晴姫という方が一人で この人はお登勢の方の娘で夭折しています
この二つの資料 家斉の53人の子供を 網羅していますが 家斉の娘たちは 長州藩・鳥取藩・広島藩などにも お嫁に行っています
薩摩藩にだけ 一橋の養女にしてからやったのは 何故でしょうか?
この「家斉の娘」説は これまでも何回かネット上で見かけていたのですが 出典が載っているものが一つもないので 確かめようがありません
ただ 私も前から「家斉の子供の数」が 気になっていました
「江戸文化歴史検定」2級の試験のとき 問題に出ていたんですよ
Q,家斉の子供の数は?というのが
四択で(い) 28人 (ろ) 35人 (は) 46人 (に) 55人
だったので 迷わず55人を選びましたが あれ?
「家譜」に載ってるのより 二人多いですよね
この外にも 本によっては「57人説」もありましたし
記載漏れの子供が まだいたのかもしれません
その中の一人が「英姫」だった ということもありえない話ではありませんね
だから この問題はきちんとした文献が分かるまで
「謎」と言うことでいいでしょうか?
もしも 原典の分かる方がいらしたら お知らせ頂けるとありがたいです
[PR]

by tukitodoraneko | 2008-03-31 12:40 | 江戸のあれこれ

英姫登場!

今朝 新聞を読んだら 今日の「篤姫」は「江戸の母君」というタイトルでした
この「母君」は 島津斉彬の正室・英姫(ふさひめ)ですね
f0122653_15134567.jpg←前回の予告でチラっと見た怖そうな人は 英姫だったんですねー
余 貴美子さんという女優さんがやってますよ
この英姫は 一橋家からお嫁に来た人です
一橋から11代将軍になった家斉の弟で
斉敦(なりあつ)という人がいます
一橋家の三代当主となる人ですね
英姫は この斉敦の娘として文化2年(1805)に生まれました
11代将軍からすれば 姪に当たる人です
先日書いた「松平春獄」とは いとこ同士ですよ
この姫君のおじいちゃん・一橋治斉と
斉彬のひいじいちゃん・島津重豪とは 大の仲良し
だから二人は 小さい時から婚約していました
家斉には 薩摩から広大院が 正室としてあがっていますので
今度は 一橋家から薩摩に嫁に行くというわけです
二人の婚儀は 文政9年(1826)斉彬が18才のとき
英姫は 斉彬より3つ年上の姉さん女房です
当時の決まりとして 正室は江戸を動けませんので
この英姫も 一度も薩摩に下ったことはなく
薩摩そだちの「篤姫」とは 初対面になるわけです
どんな出会いが待っているんでしょうねー
今夜が 楽しみですね!
[PR]

by tukitodoraneko | 2008-03-30 15:37 | 江戸のあれこれ

近藤勇 没後140年です

おとといちょっとした「事故」がありまして 一時停電したんですよ
PC開いてたんで 一気に「飛び」ました・・・・ああ・・・・
今も 家族のお部屋のかたすみで ランを繋げさせてもらって
ほそぼそと これを書いています・・・居候はつらい・・・(涙)
でも二日間書かなかったら 書きたいこといっぱい貯まっちゃいましたよ
えーと まず新聞に載っていた「土方歳三資料館」のことです
ここ行ったことありますか?
歳三の生家跡に 子孫の方が自宅の一部を開放して 資料館を開いています 
アットホームですねー (そのままですが)
近くの駅はモノレールかな?「高幡不動」からだと 結構歩きます
ここで あの伝奇長編大作「大菩薩峠」の作者・中里介山の描いた
近藤勇の絵が 4月6日から公開されるそうです
f0122653_1053765.jpg「大菩薩峠」って 若い人は読まないでしょうねー
昔の人は 映画にもなったんで知ってる人も多いかと思います
幕末人間群像とでもいいましょうか・・・
とにかく30年近く(休載も何度かはさんで)続いたのですから もうグッチャグチャです
説明の一切無い「京極作品」みたいな感じでしょうか
文庫になっても 20冊ありますからねー
「三国志」とか「失われた時を求めて」みたいに
入院したら読もう!と 思う本のベストテンに入るかと思います
この本の中に チョイ役ですが近藤・土方ら 新撰組の名前が
出てくるんですよ (新撰組がチョイ役って言うのもすごいですね)
作者の中里介山は 明治16年に同じ「多摩地区」で生まれ育っています
総選挙に多摩7区から 立候補したこともあるそうですよ
この人が描いた「近藤勇」の絵は 
「実際の近藤らを知る土地の古老から 直接聞き書きしたことを参考に描いたのかも・・・」と 土方の兄の子孫である福館長・土方愛さんが語っています
この絵には やはり介山の手で
「確かに多くの人が言うように 恐ろしいヒグマのような顔だ
 この武人は ことごとく仇敵(きゅうてき)を好む」
と 書き込まれているそうです
ふ~ん・・・周囲からは そう見えたんでしょうか・・・

今年は 近藤さん没後140年だそうです
非凡な人の描いた「非凡な人の肖像」
ちょっと見てみたくなってきましたよ
 
[PR]

by tukitodoraneko | 2008-03-29 11:22 | 東京

本寿院と 松平春獄の関係

さて 今日は篤姫の姑・家定の生母 本寿院(みつ)と
幕末の名君・松平春獄の関係について 書いてみましょう
御書院番・跡部正寧の娘・みつ がどうして大奥に入ったのか
書き残しているのは 春獄なんですねー
すごく複雑だけど がんばって説明してみるから 着いてきてね
f0122653_11182426.jpgまず11代将軍・家斉は 10代・家治の嫡子が18才で急死したため 急遽 一橋家から徳川本家の養子に入り 
将軍となったのでしたね
家斉には 何人もの弟がいたので 一人は一橋家を継ぎ 一人は「田安家」に養子に出ました
これが 田安家三代の斉匡(なりまさ)です
←春獄は この斉匡の息子・慶永として 文政11年(1828) 田安家で生まれました
だから田安慶永(春獄)は 家斉の甥にあたります
ここまでは いいですか?
はい じゃあ次は家斉の22男・斉善(なりさわ)です
この人は 12代将軍となる家慶とは兄弟の中
幼名は「千三郎」と言って 小さい時はもちろん江戸城本丸で育てられました
この千三郎に仕えていたのが みつの姉・浜尾なのです
みつは たまたま この「浜尾」のところに遊びに来ていて
千三郎の兄・家慶の目に止まり 大奥入りしました
千三郎は やがて斉善と名を変え 越前松平に養子に行き
14代福井藩主となります
浜尾は この時も斉善に付いて行っていますよ
そして この斉善の養子に来たのが 田安家の慶永(春獄)なんですね
家斉の息子のところに 家斉の甥が養子に来たかたちです
二人は養父ー養子の親子関係になりましたが 実際は父親同士が兄弟のいとこ同士になるわけです
あー やっかい・・・・
歳も八つくらいしか離れてないんですよ
そして この斉善が19才で急死したため 春獄はわずか11才で 15代福井藩主になってしまうわけですねー
そして斉善に着いてきた「浜尾」は というと
斉善の死後 「本立院」となって隠居後も 福井家の常盤橋にあった屋敷に出入りし
大奥にいる妹・本寿院とのパイプ役として 春獄の強い味方になりました

どうでしょう?わかりにくい?
春獄は やがて篤姫の輿入れに関しても 大きく関与してきますから
ちょっと 覚えといてくださいね
[PR]

by tukitodoraneko | 2008-03-26 12:24 | 江戸のあれこれ

謎の姑 本寿院!

来週の大河ドラマ「篤姫」では とうとう篤姫の姑にあたる「本寿院」が
登場します  高幡淳子さんがやるそうですよ
予告編のときにチラっと出てきましたが あぶなそうな人でしたね
実際にどういう人であったのかは 篤姫・和宮など主役級の人の
陰に隠れて よくわかりません
この人のお父さんは 御書院番 つまり幕臣ですね
篤姫のように正室=御台様になるには 大変な手続きが要りますが
(実子届けや 公家・近衛家の養子にしたり)
側室になるのは 簡単だったんですねー
これは 側室というのが「使用人」という位置だったからです
つまりお給料をもらって 大奥に勤めていたキャリアウーマンってわけですね
f0122653_8455468.jpg ←12代将軍・家慶には 5、6人の側室がいて それぞれに3~5人の子供もできていたのですが
ほとんどが夭逝してしまい おみつが生んだ家定だけが
なんとか育ちました
このことで 家定(まだ政之助といいましたが)が5才になった文政11年(1828) 老女の上座になります 
それでも「大奥使用人」のトップという位置づけなんですね
この後 家定が「将軍継子」と認められてやっと
「御内証之御方」(ごないしょうのおんかた)となります 
かといって これでもまだ「宛行(あてがい=給料)」をもらっているので 完全な「家族」ではないわけです
側室が正式に「将軍の家族」となるのは 
自分の生んだ子が将軍になった時 
それまでは大奥でも影が薄い存在なんですねー
幕臣の娘・みつも 家慶が死に「本寿院」となり 家定が将軍に就任してからやっと「給料」をもらう「使用人」の立場から脱却
正式に「御上通り(おかみとうり)」=将軍の家族となりました
それでも 将軍の娘たちの末席なんですね
家慶や そのまた父・家斉の娘たちも含めて すべての息女の方が
本寿院より 順位が上と決まっていたのです
なんか納得いかないですが この時代は嫁ぎ先がどうであろうと
自分の生家の格の方が 重要視されたんですね
11代将軍・家斉の娘 溶姫は 加賀百万石に嫁ぎましたが
その後も 将軍と御三家しか許されない 行列の時の「下に~ 下に~」というのを
やってたそうですよ
この場合 できるのは嫁にいった姫だけで 夫の加賀候はやれません
ふ~ん・・・江戸時代の身分制度って 不思議ですねー

今は どの家でも「本妻」が 一番強いのにね!
[PR]

by tukitodoraneko | 2008-03-25 09:44 | 江戸のあれこれ

篤姫の旅 薩摩~江戸

f0122653_1116745.jpg昨日 とうとう篤姫は薩摩を発っていきました
泣きましたねー・・・(めそめそ)
←この絵は 「薩州櫻島真景図」
篤姫が 故郷のかたみとして 一緒に持って旅立ったもの
江戸東京博物館の「篤姫展」でも 本物が見れるそうですよ
(さくら♪さん 情報ありがとう!)
「歴史街道」という本の2月号にも載っています
旅立ちの日は 嘉永6年(1852) 8月21日
大河ドラマの中では 大きなお船で旅立ちましたが
残念ながら 本当は陸路で薩摩を出ました
熊本、小倉を通り 広島に出ていますので
この間は 瀬戸内海を 船で行ったのかもしれません
広島からは 岡山、姫路とまた陸路をとり
約一月後 大坂に到着しています
ここで 住吉天満宮に参詣した という記録があります
天満宮というと「天神様」 菅原道真ですね
そして9月29日には 京都の伏見に到着
10月2日になって 養父となる「近衛家」に
挨拶に行っています
ここで少し滞在し 東福寺や宇治を見物に行っていますよ
篤姫にとっては 最初で最後の長旅ですものね
6日に伏見出発 東海道を江戸へと向かいます
始めは 道中の安全を気遣った斉彬が「木曾街道」を使わせようとしたようです
これは 近江(滋賀県)の草津から 東海道と分かれ
美濃(岐阜県)や信濃(長野県)、上野(群馬県)を通って 埼玉方面から江戸に入る道です
結局は東海道を下ることになりますが
御油の宿(愛知県・豊川)から 当時「姫街道」と呼ばれた「本坂道」を使い
浜名湖の北をぬけて 見附の宿(静岡県・磐田)へ出ています
10月15日には 大井川を無事に渡りました
 「箱根八里は馬でも越すが 越すに越されぬ大井川」
と うたわれたあの有名な あばれ川ですね
そして 箱根越えが終わると 江戸はもうじき
鎌倉では 「鶴岡八幡宮」に参詣し 10月23日 芝の薩摩藩邸に到着しました
この間 1700km! 約2ヶ月!
今なら 飛行機でアッという間ですねー
江戸時代は 旅行も大変!
篤姫だって 今なら「日帰り」でも 故郷に帰れたのにねぇ・・・・
[PR]

by tukitodoraneko | 2008-03-24 12:36 | 江戸のあれこれ

生まれからして「下らない」もんで・・・

以前 江戸の言葉について 書いたことがありますが
もう 落語や歌舞伎に出てくるぐらいで・・・・と思ったら
結構 今でもそれと知らずに使っているものもあるので
ちょっと 紹介してみますね みんな知ってるかな?
f0122653_16432857.jpgえー まず「つまらない物や事」を「下(くだ)らない」といいますよね
これは 江戸時代「下り物」というのがあったんですね
京・大坂から 江戸へ 東海道を下ってきたものです
下駄・傘・扇などですね
江戸初期には 美術工芸は やはり京阪が一番
身近な品も すべて京製のものが上等で 好まれました
これに対し江戸近郊で作った「地回り品」は
「下らない物」で 一段落ちるというわけです
「くだらない事するんじゃない!」なんて 普通に使っていますが 江戸時代にできた言葉なんですね
あと 「冷やかし」「ひやかす」という言葉
「ひやかしの客」と言えば 買う気のない客のこと
この語源は 江戸時代の「紙漉き(かみすき)業」からきています
この時代は 「浅草紙」といって 漉きなおしの紙を
落とし紙などにして売っていました
リサイクルのトイレットペーパーですね
その職人さんたちは 煮た紙を漉して乾かす間
することがないので 近所の「吉原」をのぞきに行っていました
もちろん 上がる気はなく ただ見るだけ
ここから 買う気のない客を「冷やかし」
ただ ひまつぶしに見に行くことを「冷やかす」というようになったのでした
あと 「肩」がつく言葉は「駕籠や」からきたものがほとんどです
急ぎの駕籠の場合 一つのかごに4人の駕籠かきが付くことがあります
4人でかつぐわけじゃなく 2人は交代要員なんですね
担ぎ手が変わることを 「肩代わり」といいました
今でも 「借金の肩代わり」なんて 使いますよね
あまりしたくはないもんですが・・・
「肩入れする」というのも ここから来てるといいますよ
自分もちょっと担いで 助けてやる という意味です
 
まだまだ 結構あるんですが お時間がきましたんで
お後が よろしいようで・・・・・
[PR]

by tukitodoraneko | 2008-03-23 17:22 | 江戸のあれこれ

戦国大名の趣味

はい ちょっと大人になった一日目にお届けするのは緊急のお知らせです
f0122653_16125678.jpg日本橋高島屋の八階ホールで
茶道 表千家のお家元の古希(70才)祝いの
展覧会が開かれています
お家元・而妙斉宗匠の「お好み物」
これは代々続く「千家十職」の方々が作る
楽茶碗・釜・棗(なつめ=お茶入れ)などの
お茶道具を 「翠松好日」というお題のもとに
取り合わせて見せてくれるんですね
宗匠自身が筆をとった「風炉先屏風」も
出るそうです
私も一応 表千家で 昔 「草満」というお名前を頂いていますので 
見に行って見たいんですが
今週の水曜から始まってて あさって月曜には 終わってしまうんですねー
いつも 高島屋の展覧回は 期日がおせおせで
見逃してしまうことが多くて 残念です
せめて「いいもの」を見て 目が肥えるといいなー と思うのですが
意に反して 肥えるのは身体ばかりです・・・
若い男性は 「お茶」というと 女の子の花嫁修業 
もしくは オバサンの趣味 と思っているんじゃないですか?
お茶をやってる男性は いっぱいいるし かっこいいですよー
もともとは 戦国大名にもてはやされた「男の趣味」ですからね
ゲームも楽しいけど たまには 信長や秀吉の好んだ「茶道」
試して見るのも ステキだと思いますよ
会期中は 表千家の「お茶席」もたちます

Let‘s try!
[PR]

by tukitodoraneko | 2008-03-22 16:35 | 東京

3月21日 今日はわたしの誕生日!

おもいっきり私事ですが 今日はわたしの誕生日なんです
f0122653_12525965.gifいやいや 恥ずかしながら・・・
幾つになったかは ひ・み・つ
って 精神年齢は たぶん10代
から20代(家族によると)
脳年齢は 20才 
(脳トレによると)
体年齢は 45才 
(体重計によると)
推定年齢 25から55の間ってことで ひとつお願いします
「年がよくわからない」のが 
チャームポイント(?)なんで・・・
誕生日記念に 何を書きましょうか
江戸時代は 誕生日祝いはありませんでしたからね
明治に入って(30年代)「年齢に関する法令」が出て
「満年齢」で 歳を数えるようになりました
今と同じで 翌年の誕生日に1才になるわけですね
それ以前 「数え歳」だった時は 生まれた時にもう1才でした
お腹にいた間も 数えるからと言われてます
そして 正月にまた一つ歳を取るんですね
これはもうみんないっしょに 歳を取るんで
士農工商 全員同時 みんなでとれば怖くない状態です
12月31日に生まれたら 次の日はもう2才ですよ
生後2日で 2才はないだろう と思いますが・・・
このやり方だと 正月から自分の誕生日までは 満年齢+2才なんですね

これだけは 江戸時代に生まれなくて良かった!
このうえ2才もプラスされたら がっかりですよ
[PR]

by tukitodoraneko | 2008-03-21 13:22 | 東京

星の王子様を撃った男

小さい時に読んだ「絵本」 今 何冊くらい持っていますか?
私も引越しの時 捨てられたり 人にあげちゃったり(親が!)
それでも まだ何冊か本棚に残ってます
別れられなかった「絵本」たちですね
「ちいさいお家」 「百万回生きたねこ」 「いやいやえん」 「みどりの指」
みんな 名作です
f0122653_14572744.jpgその中に もちろん「星のおうじさま」も入っています
みなさんご存知でしょうから ザッとした説明しますと
作者は1900年にフランス・リヨンで生まれた
サン=テクジュぺリ
この本は1940年代に ニューヨークを皮切りに
世界中で出版されました
日本では53年くらいでしょうか
原題は「Le Petit Prince」 小さな王子様です
作者は 日本で本が出版される以前の1944年に
フランス軍の飛行中隊長として コルシカ島の沖を偵察飛行中に 行方不明になりました
2000年に その飛行機がマルセイユ沖の海底で
確認されニュースになりましたね
f0122653_1527743.jpg数日前に新聞に載ったのは その偵察機を撃墜した
元ドイツ軍戦闘機のパイロットが分かったという
ニュースでした
現在88才になる元パイロットは 
「あの偵察機のパイロットが 彼でないことを
 ずっと願い続けていた」 と 語っています
「彼の本は 小さい頃 誰もが読んで大好きだった」 とも・・・
あの おぞましい大戦のさなか この人が打ち落とした飛行機は サン=テクジュぺリの乗ったものだけではなかったでしょう
それでも このパイロットにとって 「星の王子様」の作者が特別であったのは 
王子さまにとって 故郷の星に咲く一本のバラが特別だったのと同じ 
友達になったキツネにとって王子さまが特別だったのと 同じことだったのでしょう
大人になることは 避けられないけど
「昔 子供だったことを忘れずにいる」ことの大切さを 
「星の王子様」は私たちに教えてくれます
今 王子さまとその作者は 仲良く「同じ方向」を見て寄り添っています
二人が見ているのは 「ただ一つの大切なもの」なのでしょう

 「本当に大切なものは 目には見えないんだよ」

そのメッセージを私たちも 忘れずにいたいと思います
[PR]

by tukitodoraneko | 2008-03-20 15:54 | 東京