五大奇祭って!?

これ 出るだろうか?・・・とちょっとは考えたんですがねー
でも もし出たら 書いときゃよかった!と 思うだろうし 何より「おもしろい」からねー
勉強の合間に読んで なごんでくれたらいいかな?と 思って書きましょう

実は 「祭」に関しては 民俗学の本 読むのが楽なんです
今回 書くことは全部 そっち系の本から 拾いました
もともと 大学も民俗学やりたかったのですが 自由に学部も選択できない
時代・・・というか お家でしたから
就職に有利とか そういうの良くないですね
働かずに勉強だけできる最後の機会は 自分の好きな事やらなくては!
あ、ぐちってしまった・・・
と、いうわけで ウチの子供は 好きな民俗学やりました
元々 私の持ってた本 役に立ちましたよ

その中に 「鵜坂祭」ってありますが ご存知ですか?
越中(富山)婦負(ねい)郡 鵜坂神社の祭りです
五月十六日に 神主が「鵜坂の杖」と称する堅木の枝で
関係した男の数だけ 女性のお尻を叩くお祭り
ひえ~ 今ならセクハラどころの騒ぎじゃありませんね
尻打ち祭とも しもと(鞭のこと)祭とも呼ばれ
なんと 平安朝から続き 「日本五大奇祭」の一つ と言われています
f0122653_114072.jpg
これと同様 男の数だけ鍋をかぶるのが江州(滋賀)坂田郡 筑摩(つくま)神社で行われる筑摩祭別名「鍋かぶり祭」
こっちは 今も五月八日にやってますよ →
ま、小さいお子さんだけですが・・・
この二つは 江戸時代から有名だったようで
川柳子の いいネタになっています

鵜坂ではたたき 筑摩はおっかぶせ

筑摩よりつらい 鵜坂のしもと数

次の二つも 古くからあり 似ています
京都 祇園(八坂)神社の白朮(おけら)祭
下総・千葉寺の「千葉笑」 
どちらも 大晦日の夜 悪口を言い合う「悪口祭」です
千葉寺の方は 顔を隠し 頭を包み 声も変えて
堂内に集まった人々が ところの代官・庄屋をはじめ
ふだん行跡の悪い人を 評して談笑するものでした
これで ネタにされないよう日頃から身を慎むように
という教訓で あったのでしょう
これに比べ 祇園さんは 口さがないにもほどがある!
この夜の参詣人は 他人を誹謗して 罵り勝った方が
その年の吉がある・・・というものなので みんな遠慮なし!
しかしこれは普段おとなしく つつましやかな京の人々の
年一回のうさばらし 邪気祓いといった性格のようです
井原西鶴の「世間胸算用」から 「闇の夜の悪口」をひいてみましょう

 おまえは 三日の内に 餅が喉に詰まって 鳥部野に葬礼するわい
 お前の女房は 元日に気が違って 子供を井戸にはめるぞ
 お前の姉は 腰巻もしないで 味噌を買いに行って転ぶわ

まあ なんてレパートリーの広い悪口かしら
怒るというより 吹き出しそうなのもありますね

さて これで奇祭が四つ
民俗学の本では 「五奇祭」という語が よく出てくるのですが
どれがその五つか というのは 判然としません
ま、「○大何々」というものは 所により変わるので 何とも言えないのですが
上に挙げた四つは かなり有名で 決定項としてもいいかな?と思えます

じゃあ あと一つ挙げるなら? これがむずかしいんですよねー
上の四つに勝るとも劣らない奇祭で 古くからある祭
f0122653_12463517.jpg紀州葛城の「山の神祭」なんてどうでしょう?
山の神さまにオコゼの干物を見せて 笑うお祭り
これ 今でも続いているんですよ
古くからある山の神と海の神の争いの伝説や
マタギの慣習が元にありますが
なぜか オコゼの干物って 見ると笑っちゃうんですよ
いや ホント!ただ見せるわけじゃなくてね
たもとに隠しておいて 見せろ見せろとはやすと
「みんな笑うから・・」と言って出し渋るんです
「笑わないから!」と重ねてせがむと 先っぽをちょこっと出して見せるんです 
この「間」が 最高のギャグポイント そして延々これの繰り返し!
もうこの人たちは 吉本芸人の先祖だったのかと思えてしまうのですねー

うーん ここまで書いたけど やっぱり出ないだろうなー
でも おもしろかった? じゃあ いいや!




 
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-10-12 12:52 | 祭と歳事 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 御柱祭 諏訪  江戸の秋葉講 >>