江戸の秋葉講

f0122653_17174228.jpg

上の絵は 遠州 周知郡 犬居村 にあった秋葉大権現の参道です
現在は 静岡県 浜松市ですね
f0122653_17243274.jpg

f0122653_17555478.jpgもう1枚 同じ広重の「東海道五十三次」 
右上に見える山が 秋葉山です
場所は? 「掛川」ですね 
三尺坊への分かれ道・・・と言われました
← 三尺坊は 白狐に乗った烏天狗のお姿で
描かれます
秋葉権現は この三尺坊であるとも言われていますよ 細かくは説明しませんが 縁起は諸説あります 興味があったら そして余裕があったら 調べて
みてください 
江戸時代には 伊勢講 富士講と同様に 
「秋葉講」というのもありました
主に 湯屋・鍛冶屋など 火を扱う職人たちが
多かったのですが十一月の十日~十六日の 
例祭には 講を作って参詣しました
大山講のようなものですね
しかし江戸からは 六十八里もあり そうそう行けませんので
火事の多い江戸では 各所に勧請されました
江戸で名高いのは 向島の秋葉でしょうか
元禄年間の勧請で 隅田川からの「秋葉道」には
料理屋「大七」「武蔵屋」「葛西太郎」などが たちならび
地の利から 火防せにかこつけ 吉原通いの粋客も 引き寄せました
世界のアキバの名のもとになった秋葉神社も 今は台東区松が谷に
移りましたが 現存しています
北本所(南は歳事記の誤記です)番場町にあった宿坊は 天保まで
以降は 橋場の総泉寺が宿坊となりました
なので 嘉永の切絵図を見ても 載っていませんね

今日は こんなところで
  
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-10-11 18:02 | 祭と歳事

<< 五大奇祭って!? 江戸の11月 >>