たまに更新するかも・・・


by tukitodoraneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

江戸 出開帳のにぎわい

f0122653_1732187.jpg

上の絵は 「武江年表」はじめ 当時の記録にたくさん残っている
深川永代寺の「成田不動尊」出開帳の様子
とにかくこの時には 講中の送迎 数千人 千住から深川まで
「立錐の余地なし」と 書かれています
出開帳というのは そもそも勧請・・・お金目的でくるのですからね
江戸に来ると 三井越後屋などの大家に立ち寄り 寄進を募るのです
スポンサーですね 越後屋の方も 膳部を出してもてなし
赤飯配ったりもして 宣伝に これつとめます
寛政のころ 白木屋が 天鵞絨(びろうど)張りの牛を 三囲稲荷の開帳に出してますが
これもいい宣伝になったことでしょう
成田不動は江戸時代 33回も出開帳していますが これは安政三年(1856)のことです

実は これより前 文化四年(1807) 回向院での幸手不動尊出開帳
これも大変な人出 千人ほども先がけし 山伏が 大斧をかつぎ 法螺を吹き 
なかには異様ないでたちの者もいて 大評判だったようなのです
火渡り護摩焚き と言って 今でも高尾山で やっていますが
行者が 裸足で火の上を歩くやつ これも見物が押し合いへしあい
ついに 押しつぶされて死人が出るほどの混雑ぶり

しかし こちらは 何の絵も残ってないんですよねー
残念ですねー
幸手不動院自体 今の春日部市にあったのですが
大正時代に 東京に移った・・・とあるだけで 一体 今 どこにおわすのやら・・・?
ちょっと調べてみたけど わかりませんでした
でも とりあえず 幸手不動尊の名前だけ 覚えといてみて
「近来 これ程なる江戸入りの開帳なし」 
去年の琉球人の(来朝)行列よりすごかった と 書いてありますからねー
では また明日
[PR]
by tukitodoraneko | 2015-10-04 18:16 | 祭と歳事