天地神明

f0122653_1722518.png「天地神明にかけて!」って 言いますよね
あ、死語ですかね?
「じっちゃんの名にかけて」は?
どっちも死語?・・・
この「神明」は 大きくいって神様
主に天照大神を さします
飯倉神明=通称・芝神明の
「神明」も天照大神を祀ったからです
伊勢同様 千木(ちぎ)が張り出した
こういうの →を「神明造」と言いますね

f0122653_17385042.jpg
そして英泉の「浮世美人十二ヶ月」
丸の中に描かれた生姜と千木筥(ちぎばこ)
今でも 三段重ね1200円で売っています
江戸時代には 飴が入ってたそうですが
今は どうなのでしょう?
f0122653_17432432.jpgまた大奥にも献上されていましたよ
「産土神の名物」として 薩州公=島津家が
納めてたんでしたね
覚えてますよね?

それと「神明造」の他にも 出雲大社の「大社造」
住吉大社の「住吉造」くらいは 区別つくようにして
おきましょう
「祭」というテーマで 寺社検定級の問題が出るとは
思っていませんが 一級の場合はわからないよね
ま、基本は 知っておいても損は無いかも・・・

今年は なにとぞ天地神明にかけても
合格していただきたい!
そして 芝神明に お礼参りに行きましょうね!
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-09-20 18:00 | 祭と歳事 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 片手落ちに気をつけて! 九月の江戸の祭 >>