70年前の今日

f0122653_1618058.jpg8月1日から 読売新聞の一面で始まった「戦後70年」という記事読まれましたか?
昨日は 半藤一利さんのお顔でした
半藤氏は 20年前に亡くなった父と同年の方です
父が生きていたら もう85歳だったのだな・・・
という事と共に さんざん聞かされた「父の一番長い日」の
ことも思い出しました
家族以外に話した事もないのですが 一人娘の私ももう母の享年を越え 父の死んだ歳に 近づいていきます
一度くらい書いた方がいいのかな…と思いました
ここからは 15才の少年の「8月15日」です
この手の記事は 読みたくない方も当然いらっしゃるので 
その場合はどうぞ とばしてください

私の祖母は 昭和の初め 当時 南満州鉄道に勤めていた祖父の元へ
山梨から嫁いで行きました
任地は様々だったようですが 父たち5人の兄弟は 錦州中学を出ています
父は 昭和5年の生まれで 三人の姉と 下に弟が一人
玉音放送を聞いたのは 15才の夏
満州の 広大な黄色い大地で 地平線から刻々と近づく
ソ連の戦車隊のすさまじい土煙りを眺めながら
小学生を指揮して 戦車壕を掘っていました
戦車隊に対して 穴を掘ってくいとめようというのは
さずがに 子供でも無理だろうと 察しがつきます
せめて小学生は 早い内に 家に帰してやろうと 父は思っていたそうです
そして 昼ごろ よく聞き取れないラジオの放送が終わると
上官が来て 「もう全員家に帰れ」と 言われたそうです
それから 引き上げて来るまでの 数か月のことは
とぎれとぎれにしか 聞いていません
人は 本当につらい記憶は 語りたくないのかもしれません
夜 バラックの屋根に当たった流れ弾が カラカラと音を立てて 落ちてゆく音
昼でも 普通に歩いていた横の人が ばたりと倒れて動かなくなる日常
蒋介石の軍隊に 友達と一緒に拉致されたこと
その三人の内 父ともう一人は 家族がいたので 脱走しようと決めましたが
一人は すでに現地召集された父親は戦死し 母は幼い妹を連れて
中国人の妾となっていました
僕は 帰れない という友人を一人残して 父は友人と夜更けに脱出
それから 夜の間は駆け続け 昼の間は林の中などで休み 
とにかく 走り続けて 家に戻りました
夜の月明かりの中 永遠に続くかのようなコーリャン畑を
駆け抜けていく15才の少年

「終戦」という言葉を聞くと 私はいつもこの光景が 頭に浮かびます

あの当時 生きていた全ての人に 各々の戦後史があるのでしょう
でも だからと言って 「された事」ばかり 声高に言うのはどうかなと思うし
やたら美化するような戦争映画もきらいです

本当は「原爆」と 同レベルに自分たちのしたひどい事も ちゃんと語り継がないと
こんなことしたから 戦争になったんだよと 子供たちに教えていかないと 
今10代 20代ほど 「今後日本は戦争すると思うか?」という質問に
「はい」と 答える率が高くなっているそうです
ひょっとしたら「モンハン」で狩りに行く程度の事と思ってやしないか?
と 不安になります

私自身 初めて中国に旅行に行く前 隣の97歳のおばあちゃんに言われた事が
とてもショックでした
「まあ中国に行くの? 大丈夫かしら?
 だって 私たちは あの人たちに ひどい ひどい! ひどい!!ことをしたのよ」
普段は 上品で穏やかな老夫人の口から出た「ひどい」という言葉の激しさに
しばらく 返事もできなかった
この方も 満州に行き 戦後は韓国にまで逃げて やっと帰国した方です
自分だって 大変な思いで やっとのこと帰って来たのに・・・・

犯罪者にだって黙秘権があるように ひどい事をした人たちがそれを語りたくないのはわかる
それ以上に 過去の日本人がしたひどい事を 追求したくない気持ちもわかる
でもちゃんと検証して 教えないと また同じ過ちを繰り返す世代が 出てくるのじゃないか
・・・と 思ってしまうのよね
杞憂だと いいですね

ともかく お父さん!
コーリャン畑を 激走してくれてありがとう
その10年後に私は生まれ 今も平和な日本で 生きているよ!

はい 今日はこれで終わりです
 
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-08-15 17:42 | 明治・大正・昭和

<< 腰痛注意報 明日は何の日? >>