江戸検参考図書

寺社関係の良き参考書 いろいろさがしてみましたが なかなか 見つかりません
祭に関しては「東都歳事記」が一番読みやすいですしねー・・・
「御府内備考 続編」の「寺社書上」は 高すぎるし 読みにくいです
これご存知ですよね
文政年間に官撰で(松平定信の決定で)まとめられた地誌「新編御府内風土記」
そのもとになった調査史料がこの「御府内備考」です
正編の方は「町方書上」続編が「寺社書上」です
明治6年に「新編御府内風土記」の稿本は 皇城火事で焼失したため
今ではその編さんのための調査史料 つまり素材であった「御府内備考」正・続のみが残り
貴重な史料となっているのです
古文書館にありますし 正編だけなら近代デジタルライブラリーで読めます
「大日本地誌体系」で 検索して見てください
よく町歩きに行くと 教育委員会の説明板がありますよね
あれは この「寺社書上」をネタ元にしてるものが多いんですよ
市区によっては 自分とこの分だけ出版してるとこもあります
便利になりましてネットでも「御府内備考によると・・・」
って 書いてくれてるとこも多くなりました
祭が一番盛んだった文政期の寺社の記録ですので
頼りになりますが 読みにくいのよねー・・・
f0122653_11564939.jpgだから こんなのも挙げておきましょう
ああ・・・!新書って読みやすい と感激します
「出開帳」に関しては 必ず出ますので 押さえといてください
震災の後にも 復興支援の出開帳ありましたよね
どのお寺か どこでやったか 御本尊は何?
なんてことも チェックしといてくださいね
f0122653_1225051.jpg







右→は 前から持ってた本ですが 読みやすいです
たぶん今でも手に入ると思うので ぜひ

本以外でも「東京神社庁」のHPや
各寺社のHPは お家で見れてらくちんです
大きな寺社では 由緒が書かれた出版物
祭の保存会などでは 祭に関するのものを
出していますので 余裕があれば読んでください
山王日枝神社では 公式Twitterまであるんですよ
時代が変わったのね!
もう夢のお告げじゃなく お知らせはTwitterなの!?
ハイテクじゃん 寺社! 
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-07-25 12:40 | 祭と歳事 | Comments(1)

Commented by 昭ちゃん at 2015-07-26 11:46 x
姐さん
富士見町に軽飛行機が落下近いでよー
今情報が、、、、
名前
URL
削除用パスワード

<< 調布飛行場セスナ墜落 博多祇園山傘 >>