小伝馬町→小舟町天王

f0122653_16205926.jpg

さて 南伝馬町 大伝馬町ときて 残る小伝馬町天王のことなんですが
この祭礼に関しては「不詳」であると「東都歳事記」に書いてあります
「守貞漫稿」によると 正徳(1711~)頃 疫病除けで 小舟町に遷座して
そのままになったんだよ・・・と 書いてあります
でも それ以前の祭の記録はないようなので そもそも 小伝馬町では
祭 やってなかったんじゃないでしょうか?
南伝馬町は 慶長18年(1613) 大伝馬町は元和(1615~)頃
結構早いうちに 祭の記録があります
それに対して「小伝馬町から小舟町に移ったのは寛文6年(1666)」と
いう記事も見つけましたが 最初の祭りに関しては 何もなし
不思議ですよねー 小伝馬町って 神田・山王どちらの氏子でもないんですね 
氏子になってるのは 天王だけです
こういうのもあったんだー と 不思議な感じ
かたや両方に参加し またどちらにも参加しないのは 何故?
そして初めて気付いたのですが どちらの氏子でもない町って結構あります
そのうち○○同朋町とか ○○屋敷が 氏子でないのはわかります
どちらも拝領地に住んでる人で 町人ではないからね
その他の 現人形町の一部とか 紺屋町が入っていないのも
歌舞伎役者や藍染め職人が 被差別民だった時からの慣習なんでしょう
じゃあ小伝馬町は? 「囚獄」ができたからなのかしら?
ああ 気になってたまらない! この辺のこと書いてあるものをさがさないと・・・

あら まあ とんだ寄り道・・・!
とりあえず小舟町天王の祭礼については たくさんあります
「この祭礼で 有名なるは二王尊の像を染めだした大幟
「天王おまつり・・・と仮名文字で書きたる幟は 蜀山人の考案
「日本橋魚河岸へ渡御すれば 魚問屋は数千本の団扇をまき散らす
 一名 うちわ天王」 (「絵本江戸風俗往来」より)
「十日未明に明神を出て 氏子百八十ヶ町を巡り巡って 帰るのが十三日か十四日
 その間の里程が丁度十三里あるというので 一に十三里天王」(「東京年中行事」より)

まあとにかく 派手なお祭りだったようです
天保の改革以後は 少し抑え気味
そして明治になると ほとんどの祭りは消えていきます
さしもの小舟町天王も 明治後期には「もう十二年も絶えている」(「東京年中行事」)
と いった状況でした
今は 4年に一回くらい 復活してるのかな?
あ、あともう一つ「こぶねちょう」といいぐせがついてる人もいますので
小舟町=こぶなちょう です
早めに直しましょう ではまた!
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-07-10 17:35 | 祭と歳事

<< 日吉(ひえ)山王祭 大伝馬町 南伝馬町 >>