たまに更新するかも・・・


by tukitodoraneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

大伝馬町 南伝馬町

f0122653_13195497.jpg

さて 大伝馬町天王に進みましょう
ご存知の通り 南伝馬町・大伝馬町は 神田・山王両方の祭の氏子でしたね
これも 大事な伝馬役を仰せつかった町の特権でもあり 義務でした
そのうえ 自分たちの天王祭もあり 山王の祭の年の 6月は大変!
まず 天王祭の時は 自分たちの町に仮屋=御旅所を造って
神田明神から 神輿を担ぎ出し ここに遷座します
還御が終わってほっとしたのも束の間 6月15日の山王祭には
↑ 大伝馬町は 上の諫呼鶏の山車 南伝馬町は猿の山車を出します
神田祭の年には 9月に山車を出すので 常に年二回の祭に参加してるんですね
当時の天王祭の様子は「絵本江戸風俗往来」(東洋文庫)に詳しいです
大伝馬町天王祭は「江戸砂子」によると 元和ころに始まったそうです 
亀田鵬斎の筆による「大幟」が有名でした
ここは 場所柄 太物問屋の組合持ちの祭りとなったので
豪華な祭であったようです
しかし だいぶ前から絶えてしまったようです
関東大震災で燃えてから 明神内の八雲神社は再建されましたが
神輿は造られなかったみたいですね
南伝馬町の方は 現在5月の神田祭に千貫神輿を出していますが
あれは 昭和30年代にこしらえた神輿です
明治末には どの天王祭も 絶えたと等しい状態になっていましたから
伝馬役が仰せつかった地主神の祭としては 存続してないってことでしょうか
南伝馬町天王の江戸神社は 明治初期 社名も「須賀神社」に変えています
当時の世相としては 前政権を思わせる「江戸」は 使いづらかったのでしょうね
江戸時代には 唐風の大幟(紅や黄の中国風かな?)や
四方行燈という道幅いっぱいの大きさの武者絵を描いた行燈を
辻の四方に下げ これが「江戸に無類の造り物」と 評判だったとか・・・
大伝馬町と小伝馬・小舟町は 日本橋の北東で 近いですが
南伝馬町は 京橋の北に当たる地域です
「東都歳事記」には 京橋の上で 神輿にお神酒を捧げた とあります
「中橋の天王」と呼ばれるのは すぐ隣に「中橋広小路」があったからでしょう

次回は 小伝馬町(小舟町)天王です

 
[PR]
by tukitodoraneko | 2015-07-09 14:37 | 祭と歳事