祇園三社 神田明神内

f0122653_1529338.jpg← 戦国時代の祇園会を見物したのは彼 
ルイス・フロイス
長崎に銅像が立つ宣教師です
彼は 細微に渡る冗漫な「日本史」を書き残した人
もううんざりするほど 細かい記述ですが 信長や秀吉も
実際にその目で見た人の正直な描写は おもしろいです
たいていの図書館にありますから おヒマな時にどうぞ
「秀吉は 六本指だった」という衝撃の事実も書いています
彼によると 戦国期の京都・祇園会も たいそうな人出
当時の三基の神輿は 最初のが「祇園(の神)」
二番目のは 「その神の妾」で 三番目が「正妻」だそうです
どういう聞き方したのか もしくは勝手な推察なのか
確かめるすべはないようなので わかりませんが
彼の目には そう映ったんでしょうね 
f0122653_163406.gif

さて 祇園社の三基の神輿といえば お江戸にもありますね
↑ 「江戸名所図会」の「神田明神社」の挿絵 
赤く囲んだ所に「牛頭天王三社」とあります
これ今も 大体同じ場所 本堂に向かって左手に三社 並んでいますね
現「江戸神社」と 二つの「八雲神社」がそれに当たります
江戸時代には 「祇園三社」とも呼ばれていました

一の宮・・・祭神 スサノオノミコト 南伝馬町の天王・中橋の天王 大政所(おおまんどころ)
二の宮・・・   五男三女=八王子 大伝馬町の天王 
三の宮・・・   奇稲田姫     小舟町の天王        本御前(もとごぜん)

本文から まとめると こんな感じです
それぞれに氏子もちがい 旧暦六月中に 別々の日に 神輿が出ました

当時の様子は また次に・・・
 
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-07-07 16:51 | 祭と歳事

<< 三伝馬町と祇園三社 祇園祭 江戸時代 >>