祇園祭 江戸時代

f0122653_16231778.jpg「京都祇園祭礼」 二代広重です
この他にも「祇園祭礼図屏風」という
ものが 京都国立博物館や 
出光コレクションに残っています
出光のものは 慶長ごろのもので 
一番古いかも・・・ということですよ
山鉾や 神輿も詳細に書かれていますので ぜひ検索して見ておいてください 雰囲気がつかめます
この時代は「八坂神社」ではなく 
「感神院 祇園社」の祭礼です
神仏いっしょくたなんでね
別当寺が「感神院」ということです
そして祇園祭は 神輿よりも山鉾の方が メインみたいになっていますが 江戸時代にもちゃんと三基のお神輿 出ているんですよ
現在は 中の座が 素戔嗚尊(すさのをのみこと)西の座が 櫛稲田姫命
(くしいなだひめのみこと)
東の座が八柱御子神(やはしらの
みこがみ)・・・スサノオとクシイナダ
ヒメの間に生まれた八人の子 というわけですね
神仏分離以前は 中の座が 牛頭天王
西の座が その妻・頗梨采女(はりさいにょ)
東の座は 牛頭天王の八王子=八将神 だったということです
近世の国学の隆盛は やがて尊王攘夷ともなり
維新以降は 神仏分離→ 廃仏毀釈と 極端に進みます
この過程で 異国の仏教がらみの牛頭天王は 排斥される傾向があったのでしょう
八人の子供も 元は牛頭天王の子だったのを 主祭神を スサノオに変えたので
それに合わせて「スサノオの子」としたので 神社によっては
その八人の御子神の名前が 違ってたりするのも そのせいかと思います
小柄原(=小塚原)牛頭天王→スサノオ神社
浅草・蔵前牛頭天王→須賀神社 のように 社名からして変わったのもたくさんあります
江戸時代までの社名を ちょっと調べておくのがいいかもしれません

もう一つ 戦国時代 この祇園会を見て その群集の多さに驚き
「この祭りは 祇園という偶像を拝するもの」と書き残した人
誰だかわかりますか? 外国人ですよ

調べたらすぐわかりますが 答えはまた今度
 





 
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-07-05 19:10 | 祭と歳事 | Comments(5)

Commented by 忍び駒 at 2015-07-06 11:01 x
月猫様
祇園祭の記事、楽しく読ませていただきました。
長い歴史の中で解釈されて来た神様のことは謎だらけですね。

第一の謎、神仏分離の前後では、主祭神の奥さんと子供の居所が、東西で逆転しますが、一体どうしてでしょうか。
【現在】中御座・素戔嗚尊、東御座・櫛稲田姫命(妻)、西御座・八柱御子神(子) 。
【以前】中の座・牛頭天王 、東の座・八王子(子) 、西の座・頗梨采女(妻)。

第二の謎 全国の八王子の解釈は複雑で①、②、③があり、別の④もあります。東京の八王子はそうちどれでしょうか。
① 牛頭天王と頗利才女の間に生まれた七男一女とする説。
② 素戔嗚尊と稲田姫の間に生まれた五男三女とする説。
③ 天照大神と素戔嗚尊とのあいだで行われた誓約(うけいに)よって生まれた五男三女とする説。
④ 比叡山で山王権現と共に祀られる八王子権現だとする説。
以上
Commented by tukitodoraneko at 2015-07-06 18:08
忍び駒さま
京都の八坂神社では 東西逆になったのですか
それは知りませんでした
ルイス・フロイスの記述では 最初に「祇園の神」の神輿
後の二つは「妾」と「正妻」の神輿で 互いに争い合う・・・と書いてあります
いろいろ説明不足や勘違いが多い人なんで 何とも言えませんが
実際に見た人の記述なので 気になっていました
何なんでしょうねー^^:?
Commented by 忍び駒 at 2015-07-06 18:50 x
月猫様
祇園祭の神輿を担ぐ時の掛け声も謎です。
「ほいっと、ほいっと」と言います。慎重に担ぐ時は「よーさー」、
神輿を置く時は「よーさのチャチャチャ」でチャチャチャは拍手です。
変ですか。
Commented by 忍び駒 at 2015-07-07 16:34 x
月猫様
お妾さんは「玉の輿」に乗ると云われる位ですから、お神輿とは昔から縁があるようです。
「♪ 粋な黒兵衛、神輿の松に、パジャマ姿の洗い紙・・・」と春日八郎がお富さんを「お神輿」にたとえて歌っています。
秩父夜祭では屋台が諏訪神社の前を通るときだけ、お囃子を止めて静かに進みます。屋台の妙見様は諏訪の神様のお妾さんなので、本妻に気を使っていると云われます。
大國魂神社の「御霊宮」の神輿も8基の中で一番軽くて、形がよくて、一基だけ別のルートを進むためお妾さんと呼ばれているそうですよ。
祇園祭の神輿は現在でも「旦那さんの神輿」「本妻さんの神輿」「お妾さんの神輿」と呼ばれ、ヤッパリお妾さんの神輿が一番立派でかっこいいなどとよく噂されています。
Commented by tukitodoraneko at 2015-07-07 17:09
ひえ~!!
現在でも そういう言い方なんですか それは一夫一婦制の上
「かかあ天下」が多い現在 結構 勇気ある呼び方ですねー^^:
府中の大國魂神社の「御霊宮」の神輿も 確かに「お妾の神輿」と
呼ばれていました。一基だけ もとの「国造邸跡地」(今は坪神社)方面への 西参道を通って御旅所へ向かいます。
でも今の人は みんな知らないんだろうなー・・・と思います
京女より 武蔵の女の方が 強かったからでしょうか
名前
URL
削除用パスワード

<< 祇園三社 神田明神内 祇園会 天王祭 御霊会 >>