「新青年」と三橋一男

f0122653_1349742.jpg今日は 梅雨の中休み 晴天ですなっ!
でも まだぐーたらしてます
洗濯は たんまりしましたが あとはほとんど
本読んでます
Amazonが せっせと運んでくれますので 
助かります
地域の図書館は すぐに飽きてしまって 
最近ご無沙汰
古本市も 高いしねー 重たいしねー 
読みたいものがあるとは限らないし・・・ 
3~400頁の本だと一日で読めてしまうので 
私はいつも読書難民
おもしろい本 漫画 映画のCDは どこに
あるの?
ワインみたいに 私の読みたい本を教えてくれるソムリエっていないのかしら?
できたらNPO法人で・・・ 
こんなグータラも救ってくれる優しい心の持ち主が・・・・?
なんてことを ごろごろしながら クズのように考えていたら
思いがけず 棚ボタが・・・
↑ それが上の本ね
ウチの子供が ネットで見つけてで買ってくれた「三橋一男」の集成三巻 ! 
f0122653_14211114.jpg三橋一男は「新青年」の後期に三年ほど連載していました この「新青年」という月刊誌 あまり読んでる方いないですか?
大正9年(1920)創刊 昭和25年まで 30年間続きました
← これは 創刊号  時代を感じますね
オンタイムで 読んだことある!って方は たぶん
現在80歳過ぎ
復刻版も出ていますので 私はこちらで20代の時 
読みました 今もどこかにあります(たぶん?)
当時は 探偵・冒険小説というジャンルが流行だったのでしょう
乱歩や横溝正史なども書いていますが そんな有名どころは 他でも読めますからね
久生十蘭・小栗虫太郎・夢野久作も メジャーです
私の好きなのは 渡辺温とか この三橋一男なんですねー
この後の「キング」「宝石」にお株を奪われ 「新青年」は廃刊になってしまい
それと共に この手の作家の昭和初期の匂いのする短編は 途絶えました
でもいいんだよねー これが!
三橋一男のものでは「暗殺者」「私と私」「浮気な幽霊」
この三編が わたしは とてもとても好きです
可哀そうとか 悲しいから泣けるのではなく
何だか じわ―っとこみ上げるのですね

もしかしたら 世の中は 私が思ってるより ほんの少しばかり いいものなのかもしれない

そんな風に 感じさせてくれる数少ない作品です

私の本の好み わかったかしら?
じゃあ 次はあなたがNPOを立ち上げて おススメの本 教えてちょうだい!
 
  
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-06-28 16:31 | 本の話

<< 祇園会 天王祭 御霊会 小江戸川越再訪 >>