たまに更新するかも・・・


by tukitodoraneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「外道」ですってよ!

f0122653_1201136.jpg← これ読んでますか?
「今昔」同様 これも愛読書ですよ
この中刊の序 書いてみましょう
「ひそかに思いみれば二つの御代あり
宣化天皇(28代 6世紀前半)以前は
外道に従い 卜者(かんなぎ)をたのみ給えり
欽明天皇(29代)より後は 三宝を敬い 正教を信じ給えり」

外道=仏教以外 正教=仏教です
しかし 薬師寺の僧が書いたものといえ
「外道」って 結構なインパクトですね
ここに書いてあるように仏教の伝来は
欽明天皇の時代、と伝わっています
「霊異記」が書きとめられたのは平安初期
9世紀の前半ですから 仏教は300年の間に「正教」と言えるほど隆盛してきたわけです
仏教を現在のように 単なる一宗教と考えると理解しがたいですが
当時は 仏教=「文化大系」・・・簡単に言えば技術・産業・芸術・思想
全てを含んだ大陸からの先進文化だったわけですね
宗教としての仏教は あくまでそれまでの日本古来の神々を
否定しないように うまく融合しながら発展していきます
権現や明神というのは その過程で生まれて来たものです
権現の「権」は 「仮に」という意味
権大納言・権守(ごんのかみ)など官位にもつきますね
この場合は「定員外」という意味ですよ
仏にしろ人間にしろ「仮に神の姿で現れる」と「権現」です
徳川家康=東照大権現も その一つですね
そして明らかに神に成りおおせると「明神」ってわけ
この他にも 天に昇って、天から降臨して 神となると
「天神」と呼ばれたりもします
反対に 神であるはずの八幡さまも「八幡大菩薩」と言いますね
こういうのを 神仏混淆 または神仏習合と申します
f0122653_1424192.jpg

仏像って 奈良の大仏を始めたーくさんありますよね
上の写真は 薬師寺の国宝「三神像」
平安前期の作で 数少ない神像の一つです
ちょうど「霊異記」が書きとめられた時代ですね
この真ん中が 薬師寺鎮守八幡宮 なんと僧形の八幡神ですよ
右は 神宮皇后(じんぐうこうごう) 左は仲津姫命(なかつひめのみこと)
三神一具の神像となっています
仏像とちがって 神の御姿は 基本 見てはならないものです
今でこそネットで出回っちゃってますが 昔は厨子などに納められ
人目に触れることはなかったでしょう
ありがたいんで どうぞ拝んでくださいね
では、また!


 
[PR]
by tukitodoraneko | 2015-02-25 14:17 | 祭と歳事