江戸の寺社

先日のブログ訂正しました
「初午」の記事 以前の記事2010年2月に載っています
さがしても 無かった方 ごめんなさい
少しひまがあるので 江戸の寺社のこと ざくっと書いときましょう
f0122653_15472678.jpgまず 第一に「神社」という言い方が一般的になったのは明治以降です
切絵図をご覧になると 一目瞭然なのですが ○○社 ○○宮と書かれていて
社(しゃ・やしろ)と 読んでいます
王子稲荷社 富岡八幡宮などです 
「神田明神社」も「みょうじんしゃ」ですね
そして どんな大きい社でも 江戸時代には「別当寺」がついていました
f0122653_1611556.jpg「○○寺持ち」という言い方もします
明治の寺社分離以前は 屋敷神・横町の小祠を除けば 寺の敷地の一角に 様々な神の社があるのが普通でした
江戸最古の寺院 浅草寺を切絵図で見ると 本堂をとりまいて数多の社が描かれています
仁王門の手前・左手にある「地主稲荷」は おそらくこの地の
地主神=氏神だったものでしょう
ホントにいっしょくたの感がありますね~

これは 幕府が宗教行政法として「寺請制」をとっていたことが大きな要因です
今の住民基本台帳を 当時は宗門人別帳と言いまして 
住民は それぞれ自分の寺に属し それを記した帳簿を 
その土地の名主・町役人・村役人がほとんど毎年のように提出していました
道中手形・・・今のパスボートの発行も お寺の役目です
宗門人別帳や手形の証明には 旦那寺の住職から奥書=裏書をもらわないといけません
このシステムは 明治の神仏分離政策で 消え去ります
同時に 権現や明神という観念も否定され
時宗 神田山日輪寺持ちの神田明神は 神田神社と改称
天台宗 観理院城琳寺持ちの日吉山王権現は日枝神社と改称されたのですね
日吉→日枝 ちょっと覚えておくといいかもしれませんよ
続きは また・・・・
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-02-24 17:05 | 祭と歳事 | Comments(5)

Commented by 忍び駒 at 2015-02-25 08:35 x
月猫様
良くご存じのように、比叡山山麓に鎮座する日吉山王社は比叡山延暦寺の鎮守神でした。
現在は日吉大社と名乗っています。
慶応4年4月1日、ここに武装した120人の一団が現れて、抵抗する社僧を抑え込み、仏殿の鍵をこじ開け、
土足で上がり込み、仏像の顔面に矢を射て、経典を全て焼き払い、仏具を全て棄却したという、嫌な大事件がありました。
慶応3年3月28日布告されたという神仏分離令が、まだ日吉山王社に届く前のことでした。
これが廃仏稀釈の発端でした。
神仏分離令の一つの側面といえるかもしれません。日吉山王神社の仏殿を襲った一団のリーダーは、
なんと日吉山王社の中核となるような二人の神職だったのです。
比叡山延暦寺や日吉山王神社の社僧に対して、神職たちの抱いていた積年の鬱憤を晴らすものでした。

ところで、日吉山王社の「日吉=比叡山」ですから、本来「ひえ」と読まなければいけません。
「ひよし」と読む無教養の人があまりに多くなって、戦後は神社側もこれに迎合して、「ひよし」を正式神社名としました。
敗戦のショックからでしょうが、どうかと思います。
大阪の住吉大社の「住吉=住之江」のことですから、昔は「すみのえ」と読んだのでしょう。こちらは遥か昔に「すみよし」になっています。
日吉大社も、「吉」を「え」ではなく、「よし」とよむ前例があるではないかと、安心して大胆な判断をしたのかもしれません。
Commented by tukitodoraneko at 2015-02-25 09:23
忍び駒さま
あ、「ひよし」が正式になってしまっているのですか?
高校の頃 女子高の友人と山王さんに初詣に行った思い出があり
ます。
きれいな芸者さんが稲穂のかんざしでお参りに来ててうっとり見とれました^^
あの頃はもう「ひよし」だったのですねー・・・
明治の廃仏毀釈に関しては 実は文京学院の講座で話しました。
怪談も神仏同様 「迷信」の一言で瀕死の状態になったので。
僧侶自身が 御本尊を斧でたたき壊したり 由緒ある寺院が
あとかたもなく売り飛ばされ消えた話などもしましたが
思ったより 熱が入っちゃって 聞いていた方は どう思ったかしら・・・?
Commented by 鶴ヶ島の小人 at 2015-02-26 15:23 x
月猫様
忍び駒様の学術的コメントの後に書くのは気が引けるのですが、コメントが多い方が景気が良いですよね。
2012年の初午や狐つきのページ、読み直しました。(絶対読んだはずなのに記憶になくて申し訳ない。)
で、思い出したのが以前江戸楽で江戸小噺のセミナーで聞いた小噺。「ある狐が美人の女の子に惚れて彼女に憑いた。憑いたものの、どうしようもない。『あーバカだった、隣の息子に憑きゃ良かった』」短くていいでしょう?
Commented by tukitodoraneko at 2015-02-27 09:23
鶴ヶ島の小人さま
はい!景気付けにどんどんコメントください^^
私は落語「王子の狐」のオチが好きです
母狐が子狐に「人間にもらったもんなんか食べるんじゃないよ!
馬の糞かもしれない」
たまに落語聞きたいです^^p
Commented by 鶴ヶ島の小人 at 2015-02-27 11:32 x
月猫様
「王子の狐」私も大好きなんですが、あれ、長女には「面白いけど狐がかわいそうすぎていやだ」と言われました。「付き馬」や「居残り佐平次」なども「ひどい」と批判的。確かに・・。私は「黄金餅」みたいな人死にのネタはあまり好きじゃありませんけど、王子の狐くらいは面白いじゃないですか、ねー?
名前
URL
削除用パスワード

<< 「外道」ですってよ! 初午と稲荷 >>