初午と稲荷

f0122653_105556.jpgさて やっと「初午」に入れます
この絵は 豊国「伊勢固世身 見立十二直」の内「梅見月の初午」
江戸の2月初午は 稲荷の祭りですが
陰暦では 3月 今よりも春めいた季節に行われる子供たちの祭でした
江戸の子供の日といってもいいかな
この行事に関しては 過去にも書いていて そちらに詳しいです
今回 検索をかけると 何度も過去の自分のブログにぶち当たりましたので「祭と歳事」のカテゴリに移しておきました
2010年 2/3,4,5 「初午とつんぼ稲荷」「稲荷だらけの江戸の町」「狐落としの殿様」
カテゴリ「祭と歳時」 もしくは左下の
「以前の記事」2010年2月をクリックしても見られます
この祭りに付き物なのは 太鼓・絵馬・
地口提灯と幟(のぼり)です

江戸では この日から寺子屋に通い始める子も多かったと言います
今の「ご入学」も兼ねていたみたいですね
さて ではなぜ二月の初午が 稲荷の祭となったのか
これは京都の伏見稲荷の社伝にありますように 
奈良時代の和同4年(711)京の稲荷山に神が鎮座したのが 
2月の初午だったからですね
この神様は 渡来系 秦(はた)氏の氏神で
以来その子孫が 社の祀官となっています
こちらの祭神は「宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)」
日本書紀では倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)となっていて
代表的な穀物=食物神です
伏見神社は この神社系稲荷の総本社となっています
f0122653_1193233.jpgそしてもう一方 インドのダーキニー→荼枳尼天(だきにてん)を祀る稲荷があります
荼枳尼天は 大黒天に属する夜叉で ご覧のように半女身 
狐を操り 自在な通力を持つとされています
代表的なのは 豊川稲荷ですね
江戸の地口で「貧乏稲荷で鳥居(取り柄)もない」というのをご存知でしょうか
大岡越前の下屋敷に祀られた稲荷も そう言ってからかわれたのかもしれませんが これ そもそも領地 豊川の妙厳寺の荼枳尼天を 子孫が祀ったものですので 神社ではなくお寺さんです
貧乏だからではなく お寺系なので 鳥居は無いのが当たり前ってことですね
寺社がきれいに別れた現在では 不思議に思われるかもしれませんが
明治の「神仏分離令」以前の長~い間
我が国では 神も仏もいっしょくた 神仏混淆 神仏習合 
おまけに本地垂迹なんてことも 当たり前でした
長くなりましたので 説明はまた次回   
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-02-20 11:48 | 祭と歳事 | Comments(2)

Commented by 忍び駒 at 2015-02-21 07:02 x
月猫様
しばらくアップされていないので心配していました。

今年の暦を見ると「初午」は3月31日ですから、入学式の日と殆どかわりませんね。郷里では同姓の七軒の家族全員が、
当番の家に昼前から集って夜まで宴会をして過ごしました。
今では、お稲荷さんの掃除をするだけになりましたが、私もはるばる参加します。
今日は掲載されている歌川豊国の「暦中段づくし」を眺めて見ることにします。すでに書かれていたらゴメンナサイ。
「十二直」とは、毎日の暦の中段に書かれている十二種類の吉凶のことで、「中段」とも言います。正倉院にある日本最古の暦にも書かれているそうです。

この絵は十二直のひとつである「納(おさん)」について描かれたものですね。「おさん」は下女のことではないなどと面白くない冗談が書いてあります。
興味深いのは説明の左にあるダジャレのような和歌で、
『願事(ねぎごと)もかなふ 口いれ稲荷鮨 あら馬の絵の額や納めん』

初午に荒馬の絵馬を奉納することを云っているようですが、この「口いれ稲荷鮨」って何ですか。
江戸は山谷に玉姫稲荷があり、その境内に「口入稲荷」がありました。今でもあります。
もとは新吉原の高田屋という口入宿の敷地にあったもので、夢のお告げがあって玉姫稲荷神社に移されたそうです。
オス、メスの狐の人形が置かれているので、女性ならメスの人形を家に持ち帰り、お前が結婚したいならまず私の相手を探しなさいと唱えます。
そうするとすぐに良縁に恵まれるそうです。
今や若者に人気のパワースポットになっているそうですよ。

Commented by tukitodoraneko at 2015-02-21 12:45
忍び駒さま
決算期に入り 何かとつまらない用事に追いまくられている
専業主婦です^^;
ご心配かけてすみません
そしてまた知らない事を教えていただいてありがとうございます
口入稲荷・・・知りませんでした
十軒店の稲荷鮨やは有名でしたが 山谷にもあったのでしょうか
それともただの語呂あわせでしょうか
ちょっと調べてみます
名前
URL
削除用パスワード

<< 江戸の寺社 だだおし 長谷寺 >>