たまに更新するかも・・・


by tukitodoraneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

だだおし 長谷寺

f0122653_1805330.jpg昨日2月14日 長谷寺(はせでら)で行われた
←「だだおし」書いておきましょう
以下 HPより
「だだおし」とは鬼祓いの儀式です。
長谷寺では2月8日より一週間 修二会(しゅにえ)という人々の安穏を願う行事を行っていますが、その最終日の法要の最中、突如として赤・青・緑の三匹の鬼が現れ、お堂の中を暴れまわります。人々を威嚇し、金棒を振り回して大声をあげる鬼たちは、やがて牛玉札(ごおうふだ)という功徳のある札を手にした僧侶衆によって
堂外に追われ、今度は長さ4メートルの大たいまつを
手に、おのおの本堂の周りを練り歩きます。
鬼たちがすれ違う際、たいまつ同士がぶつかることによって激しく火の粉が飛び散り、参拝客からはどよめきと歓声が上がります。やがて鬼はたいまつを捨てて
いずこともなく去り、人々はご利益が得られるというたいまつの燃え残りを拾います。
だだおしは、参拝客に福を呼ぶ行事であると同時に、長谷寺に春を迎える大切な儀式でも
あるのです

「だだおし」の語源は諸説あり
「だだ」とは、閻魔大王(えんまだいおう)の持ち物で、生前の行為を審判し
懲罰を加える杖のことであるとする説や、
疫病神を駆逐する「儺押し(だおし)」から来たとする説や、
「閻浮檀金宝印(えんぶだごんほういん)」あるいは「檀拏印(だんだいん)」を
人々の額に押す「檀拏押し」から来たという説、
「だだだ・・・」と鬼を追い出す所から来たという説等、
諸説があって定かではない。
寺伝によれば、長谷寺開山徳道上人(とくどうしょうにん)が養老二年(七一八)に
病にかかり仮死状態となって一時冥土に行った。
夢うつつの間に閻魔大王から「お前は死んではならぬ。早く立ち返って
西国三十三カ所観音霊場を開基せよ。」とのお告げがあった。
その時にいただいた閻浮檀金の黄金印を修二会結願の日に、
諸仏諸菩薩をはじめ、お参りしている善男善女の額に押し当てて
「悪魔退散」「無病息災」の加持祈祷が行われたところから
この名が由来したと伝えられている。

↑ これもHPに 書いてありました
詳しくは こちらで読んでみてください
私は 最近「今昔物語」しみじみ読み返してます
その「本朝部十一巻第三十」が 徳道上人が十一面観音を造る話です
洪水で高市郡(奈良)に流れ着いた大木が 災いをなし
ある人が この木で観音を彫ろうと 当麻町まで運びます
しかしここで力尽きて死亡 大木は80年ほっておかれます
そしてまた 近隣で疫病が流行り この木は長谷川(はつせがわ)の
川辺に捨てられてしまいます
それからまた20年 徳道上人がこの大木は「霊木」であると見抜き
今の長谷寺のある所(桜井市初瀬)に持ってきたということですよ
「今昔」・・・結構おもしろいでしょ?
記紀に次ぐ愛読書になりそうです
[PR]
by tukitodoraneko | 2015-02-15 18:29 | 祭と歳事