カセ鳥 山形

f0122653_1621263.jpgもう一つ 追加いたします 
おとといの11日 たまたまTVで見た山形県上山(かみのやま)市の奇祭「カセ鳥」です
上山市は 山形市の少し南
上山城・・別名 月岡城があるところ
ここで 江戸初期の寛永に始まったこの
「加勢鳥」
元は 小正月の行事で 今は2月11日に固定されています
f0122653_16433876.jpg身につけているのは「ケンダイ」とよばれる藁(わら)で作った蓑(みの)ですね
けんだい・・・どういう字をあてるのか
わかりませんでした
なんだか「から傘お化け」のようにも
見えますね
元は「稼ぎ鳥」「火勢鳥」が語源とも
言われ「商売繁盛」や「火伏せ」を
祈ったものとか・・・
この鳥たちは「かっかっかーのかっかーか」と 鳴きながら踊り歩き 水をかけられまくります
元は何の鳥であったのか 寺社との関連 
何か元となる伝説があるのか等 ネットではほとんど情報がありませんでした
上山という地域のみで 続いてきたのでしょうか?
お近くの方 由来などご存知でしたら教えてくださいな
しかし 考えてみると わらみのだけで 冷水を浴びる・・・
二月の山形の祭りとしては ちょっと大変な行事ですね!!
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-02-13 16:58 | 祭と歳事 | Comments(4)

Commented by 忍び駒 at 2015-02-14 11:21 x
月猫様
やはり2月の行事で、佐賀市蓮池町の熊野権現神社に「見鳥のカセドリ」と言う行事があって、国指定の重要民俗文化財になっていますよ。
疫病を鎮めるための行事といわれ、笠を被り、ワラで作った蓑を身にまとい、カセドリに扮した青年が、神の使いとして地域を一軒一軒廻ります。
よく似た行事ですから、上山のカセ鳥と関係がありそうですが、よく分っていないようですね。

ところで、ご存じのように、上山温泉は月秀というお坊さんが発見した温泉だと伝わります。
僧月秀は肥前国杵島の人です。全くの当てずっぽうですが、月秀が故郷・肥前の行事を持ち込んだのかもしれませんね。
Commented by tukitodoraneko at 2015-02-14 15:53
忍び駒さま
今 見てきました 見島の加勢鳥!
知りませんでした―
確かに上山温泉は「鶴脛温泉」と言って 550年前
肥前の月秀が 鶴が入っているのを見て発見した温泉とありました
唯一つ 残念なのが佐賀も上山も 寛永頃までしか「カセ鳥」の記録がたどれないことです
それで一つ思い出したのですが 上山って紫衣事件で沢庵が流されて住んだ
「春雨庵」がありましたねー
時期的には こっちが近いけど 沢庵さんは出石出身だし・・・・
いろいろ思い付いてホントにおもしろいですね^^!

Commented by 忍び駒 at 2015-02-14 17:16 x
月猫様
お騒がせいたしましたので、お詫びにもう一つご紹介します。
上山のカセ鳥とよく似た風景の行事があります。
宮城県の北部にある登米市、北上川の支流がつくる山間の米川というところに大悲寺という古刹があります。
ここの境内には秋葉大権現が祀られています。
秋葉大権現ですから防火の神様ですが、二月の初午の日に「米川の水かぶり」という行事が行われます。
こちらは当然、火伏行事ですが、上山のカセ鳥とよく似たような蓑を着た人が水をかけて防火を祈願します。
国指定の重要無形民族文化財ですよ。

Commented by tukitodoraneko at 2015-02-14 19:05
忍び駒さま
いえいえ 知らない事ばかり たくさん教えて頂いて
とても「お得」な気分です
「米川の水かぶり」も全く知りませんでした・・・
せっかく教えていただいたので 書いてみようと思います
また 添削してくださいね
名前
URL
削除用パスワード

<< バレンタインとふんどし 海山道神社 狐の嫁入り >>