カセ鳥 山形

f0122653_1621263.jpgもう一つ 追加いたします 
おとといの11日 たまたまTVで見た山形県上山(かみのやま)市の奇祭「カセ鳥」です
上山市は 山形市の少し南
上山城・・別名 月岡城があるところ
ここで 江戸初期の寛永に始まったこの
「加勢鳥」
元は 小正月の行事で 今は2月11日に固定されています
f0122653_16433876.jpg身につけているのは「ケンダイ」とよばれる藁(わら)で作った蓑(みの)ですね
けんだい・・・どういう字をあてるのか
わかりませんでした
なんだか「から傘お化け」のようにも
見えますね
元は「稼ぎ鳥」「火勢鳥」が語源とも
言われ「商売繁盛」や「火伏せ」を
祈ったものとか・・・
この鳥たちは「かっかっかーのかっかーか」と 鳴きながら踊り歩き 水をかけられまくります
元は何の鳥であったのか 寺社との関連 
何か元となる伝説があるのか等 ネットではほとんど情報がありませんでした
上山という地域のみで 続いてきたのでしょうか?
お近くの方 由来などご存知でしたら教えてくださいな
しかし 考えてみると わらみのだけで 冷水を浴びる・・・
二月の山形の祭りとしては ちょっと大変な行事ですね!!
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-02-13 16:58 | 祭と歳事

<< バレンタインとふんどし 海山道神社 狐の嫁入り >>