玉せせり 博多 筥崎宮

今朝は 寒かったですねー
早朝 二階で洗濯物干してたら 富士山がきれいに見えました
う~ん 得した気分だなっ!
その上 大学時代からの友人が「ブログわかりやすくておもしろいね」
と メールくれたので 今日も張り切って書いちゃうかなっ!
f0122653_12225837.jpg

はーい 九州は博多の筥崎(はこざき)宮 ↑ 立派ですねー
宇佐八幡・石清水八幡と並び 三大八幡宮の一つだそうです
博多と言えば 去年の大河 黒田官兵衛
一の鳥居は 官兵衛長政の寄進だそうですよ
お宮自体は 醍醐天皇の神勅で 923年に遷座したもの
縦書きの額には「敵国降伏」とあり この門を「払敵門」といいます
八幡なので 9月に行われる「放生会」も有名ですが
1月3日に行われる玉取祭 別名「玉せせり」も 大盛況です
f0122653_12424587.jpg← これもふんどし姿ですね!
あ、ふんどしじゃなくて「締め込み姿」と言わなきゃダメね
この玉せせり 浜側 陸(おか)側に分かれた男たちが
陰陽二つの玉のうち「陽」の玉をを奪い合い 本殿で待つ神官に手渡すという行事
浜側が勝てば豊漁で 陸側が勝てば豊作なんですね

f0122653_13105320.jpgせせり・・・は競る、触ると言った意味で この玉に触れると 厄除け・招福のご利益があります
この玉 木製で直径28cm
8kgの重さです →
そう言えば この行事なんとなく十日戎の福男と似た感じしませんか?
あちらは男性が走って 一番に着いたものが福男ですが これも神官が受け止める形でしたね
実は この玉せせりも もともとは 末社・玉取恵比須のお祭りだったようなのです
この地方では 町ごとの恵比須社に
それぞれ この木の玉が伝わっていて 昔は どこでも行われていた
おなじみの祭りだったのですね
九州は いまだ行ったことのないあこがれの地です
知らない祭りや風俗が いっぱいありそうですね
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-01-29 13:26 | 祭と歳事

<< 纏向遺跡から骨! ちゃっきらこ 海南神社 >>