なまはげの危機!

f0122653_1246924.jpg先日 ニュースで「なまはげ」が 絶えてしまいそう・・・
と聞きました
全国的に少子・高齢化 そのうえ なまはげが家に入ると
饗応やら 後かたづけが大変なので 敬遠されるのだ
そうです
もう伝統芸能の一種として のこるしかないのかしら?
ちょっと さびしいですね
私高校の修学旅行が東北で これは当時の校長先生が
東北出身だからのようですが この時「なまはげ」が
宿に来ましてね いや~ 怖かった! 
「いい子にしてますぅ」と泣きながら
逃げ惑う女子高生集団に なまはげもびっくりしたことでしょう
この「なまはげ」 男鹿の小正月の行事です

f0122653_1302250.jpgそしてこちらは 石川県門前町で続く
「あまめはぎ」 →
ずーっと火のそばにいると 手足にあざや火ぶくれができます
これを「あまめ」といい 怠け者のしるし
これを はぎとりにくるのが「あまめはぎ」ですね
なまはげも 「なまめはぎ」がなまったものと言われてます
門前町では 1月6日に 今も続いていますよ
三陸の大船渡・吉浜では「すねか」といいます
やはり脛(すね)の皮をはぎとりにくる怖いもの
これは今も 小正月の行事です
吉浜の「すねか」は 土地柄か アワビの殻をつけてきます
これがガラガラと鳴る音が 出現の合図なんですねー
うわー これも怖そうですね
昨日 TVで 屋久島に渋谷のギャルが交換留学・・って言うのを見てたら
島の行事で「としんかみさん」というのをやってました
これ東北のなまはげとそっくりなんですよ
「歳神さん」という意味でしょうね 
ということは大みそかの行事なのかな?
こちらでは集落のつながりが強いせいでしょう
今も 家に上がって 子供を脅かしまくるシチュエイションで
お供の人たちも 壁をたたいたり カンカンを鳴らしたり
協力して 雰囲気を盛り上げてました
ありゃ~ 怖いだろ…と思いましたよ
北から 南まで 同じ習俗が残っているって おもしろいですね
東京には なくてよかった・・・!
こたつで ブログ打ってばっかりの私は きっとなまはげたちに
手足の皮 全部 むかれそうだもの・・・
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-01-26 13:19 | 祭と歳事

<< 奈良 若草山 山焼きと牛墓 鳥追祭とかまくら >>