大宰府天満宮 鷽替えと鬼すべ

f0122653_10344847.jpgはい、ちゃっちゃと進みます
病気や 他用でお休みすることも多かったので 今年はできる時はバンバン上げていきます
← きれいな鳥さんですね
これが「鷽(うそ)」です
スズメ科なんですって
大宰府天満宮の鷽替えご存知ですね
あれのモデルは この鳥さんです

f0122653_10395718.jpgほら、こーゆーの →
これを 取り換えっこするのが鷽替えです
江戸の亀戸天満宮でも 行いました
去年の厄を 嘘にして 新しい年の厄除けとするのですね
江戸では たもとに入れた鷽を こっそりと抜いて
自分のと取り換える・・・というおもしろいやり方でしたが これどうも スリも活躍しちゃうし いたずら者も出たりして 結局は 新しく買い替える形に
なったそうです
大宰府の「鷽替え」は 1月7日
今でも暗闇の中で 手渡し交換するようですよ
f0122653_1048168.jpg

この日 鷽替えの後に行われるのが「鬼すべ」です
以下は 大宰府天満宮のHPから

「鬼すべ神事」は、寛和2年(986)道真公の曾孫にあたる大宰大弐 菅原輔正(すがわら すけまさ)によって始められたと伝えられています。
当宮の氏子奉仕者およそ300人が鬼を退治する「燻手(すべて)」と鬼を守る「鬼警固」、そして「鬼係」に分かれ、炎の攻防戦が繰り広げられます。
21時頃、鬼すべ堂前に積まれた松葉や藁に、御本殿で起こされお祓いされた御神火で
火がつけられると、一瞬にして炎と煙が夜空を焦がします。
すかさず「燻手」が大団扇で煙を 鬼すべ堂へ送り込み、鬼を追い出そうとします。
それに対し、「鬼警固」は堂の板壁を打ち破り、堂内の煙を外に出して鬼を守ります。
板壁が破られると荒縄で48ヵ所を縛られた鬼は、「鬼係」に囲まれて堂内を七回半、
堂外を三回半まわります。
堂内では神職が、堂外では氏子会長が一周ごとに、鬼に向かって煎り豆を投げ、
卯杖(うづえ)で打ち、鬼を退治した後、火の祭典「鬼すべ神事」は幕を閉じます。
燃え残った板壁は「火除けのお守り」としての信仰があり、持ち帰って
玄関先に飾る風習があります


どうやら節分の「鬼やらい」と同じようですね
ただ こちらは鬼の警護役もいる
そして 攻撃方は 「燻して」鬼を追い出すというのが珍しいかも

地方によって祭りもいろいろですね
調べているうちに だんだん おもしろくなってきましたよ
あなたは どうかな?
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-01-22 10:58 | 祭と歳事

<< 鳥追祭とかまくら 四天王寺 どやどや >>