左義長のこと 

f0122653_1325305.jpg← はい こういうの何て言います?
地方によって 呼び方いろいろあるようですが
左義長か どんど焼きが 一般的かしら
基本は お正月の松飾りなどを 小正月(十五日
前後の三日間)に焼く行事であり 火祭の性格を
持ち 大磯の「さいのかみさん」のように道祖神=
塞の神の祭 
また歳神を送る「送り火」という性格もあるようです
小正月に行う火祭=左義長 という広い意味なんですね
江戸では ご存知の通り 火事が多かったので 
初期の内に禁止され 都内で続く所は 少ない行事でもあります
地方のものも 陰暦から 太陽暦に変わったため 
また成人式とぶつからないようにずらしたりしたところもありますので 近年では必ずしも小正月だけとはかぎりません
近江八幡の信長も躍ったという左義長まつりは 三月に行われますね
さて「左義長」の意味ですが これは江戸からの当て字でして
元は 宮中の行事「打毬」(だきゅう・うちまり)に使うバット=毬杖(ぎじょう)を 
三本焼いた事から 「三毬杖」→「さぎちょう」となったそうです
この「打毬」は ヨーロッパで「ポロ」となったのと同根の 馬に乗ってボールを打ち 
門をくぐらすという正月の競技
それで こわれた毬杖を 清涼殿の東庭で 青竹を組んで焼いたのだそうですよ
陰陽師の仕切りで 舞い踊ったというなかなか優雅な祭り

f0122653_13593178.jpg重要無形文化財の 神奈川県大磯の左義長は 保存会のおかげで 何とか続いています
近江八幡の方は 毎年 干支にちなんだ山車 それも農産物・食物だけで作ったものを
町ごとに出し 競い合うというもの →
昔は 信長に因んで 女装した若衆が 山車を引いたそうですよ
今はどうなのかなー?
ちょっと見てみたいですよねー
[PR]

by tukitodoraneko | 2015-01-20 14:03 | 祭と歳事 | Comments(6)

Commented by 鶴ヶ島の小人 at 2015-01-20 14:34 x
月猫様
全快なさったようで、ほっとしました。昨日今日と、お題の内容ありがとうございます。私の父は小田原出身で、子供のころ、河原に小さな小屋を作って中で餅を焼いて食べ、それをこの「同祖土(さいと)払い」で焼いて、その火で団子を焼いてまた食べるのが楽しみだったそうです。小田原の訛りだと「セエトバレエ」、歳の神は「セエノカミ」となります。
Commented by tukitodoraneko at 2015-01-20 17:52
鶴ヶ島の小人さま
小田原 お城があっていいですね~ うらやましい!
火祭=団子・餅 焼く はお決まりなんでしょうかね^^
川もやはり「境界」なので 塞の神をお祀りしたんでしょうね
小田原は近いし 何度も行っていますが やはり住んでいる人でないと
知らないこといっぱいありますねー
ありがとうございました
Commented by 忍び駒 at 2015-01-20 18:31 x
月猫さま
「左義長」とはまた難しいテーマですね。ご存じのように、「正月」とは読んで字のごとく「月」を表現した言葉で「正しい月」の意味です。
旧暦では、一日はまだお月様が出ていない闇夜です。十五日になってようやく満月になります。一月一日を正月とするのが「朔旦正月」、
一月十五日の望月(満月)をもって正月とするのが「望正月」ということになります。
「望正月」は古代の朝廷でも祝われていた行事で、こちらの方が歴史が古く、これが「小正月」として残りました。

したがって「小正月」の方に古来の日本の多くの行事が集中しています。
「左義長」もその一つで、解釈には多くの説があり一定しませんが、その一つがおっしゃるような「ポロ説」です。
「道祖神」や「鳥追い」の祭事とも習合していますので、鳥の「鷺」に因んだ説も有力です。

奈良県御所市の吉祥草寺は役行者の生誕地と言われる古刹ですが、「茅原の大どんと」(大とんど)という行事が小正月に行われます。
伊豆へ流されていた役行者が、許されて戻って来た時の祝いの行事といわれ文武天皇が係わっていると伝わります。
Commented by 鶴ヶ島の小人 at 2015-01-21 09:16 x
月猫様
道祖の道が同になってました。そそっかしくてすみません。
Commented by tukitodoraneko at 2015-01-21 12:20
忍び駒さま
鳥の「鷺」説は 知りませんでした! そうなのですか
「鳥追い」の行事も 小正月に多いですね
調べてみます 
本当に頼りにしてます 毎日コメントが楽しみです^^v 
Commented by tukitodoraneko at 2015-01-21 12:24
鶴ヶ島の小人さま
私もしょっちゅうやって怒られてます 気にしないで^^
簡単な文字の変換は つい見過ごしますよね
今年は 変換ミス 少しでも減らせるよう頑張ります
でも性格的に せっかちで いい加減で 後ろを振り返らない(?)ので
難しいかも・・・・^^;
名前
URL
削除用パスワード

<< 四天王寺 どやどや 正月の祭のこと >>