大晦日

f0122653_1611251.jpg

はい! まだこういう ↑ 状態です
江戸時代なら 12月13日に済ますべき大掃除
あと数時間で年明けという今になって!一人で!頑張っております
しょうがないですねー・・・
今年は 年末 体調不備で 病院が終わるまで通いつめましたが
結局 原因は「ストレス」なんですねー
家族に「障害」を持つメンバーがいますので(その上 当人仕事が多忙)
帰ってくるまで 心配なんです
特に心臓に悪い寒い季節は 気が気ではないんですね
だから 家人が休みに入ったとたん 少しずつ体調が回復します
「病は気から」・・・って 本当にその通りだと思いますね
そのうえ パソコンまで3日間フリーズ
これも ストレスが原因なんでしょうか?
ま、両方とも 歳のせいとも言えるんですが・・・
やっと大晦日の今日になって 復調しました
だから 今になって大掃除なんですねー
来年こそ ストレスを溜めないよう 元気で家族のサポートができるよう
頑張りたいと思います
せめて 年内に掃除 終わりたいよ~

皆さま 一年間 お世話になりました
来年もまた よろしくお願いします

掃除に戻ります(゚´Д`゚)ノ 良いお年を!

浮世絵は
 三代豊国 安政2年(1855)「冬の宿 嘉礼のすすはき」です

[PR]

by tukitodoraneko | 2012-12-31 16:29 | よしなしごと | Comments(2)

Commented by sakura-3rd at 2012-12-31 23:47
月猫さんの素敵な江戸仲間がどんどん増えていくのが
ブログを見ていて伝わってきます。

ご心配事は尽きないと思いますが、どうぞ健康第一で
ブログを続けてくださいませ。

良いお年を。
Commented by tukitodoraneko at 2013-01-01 13:05
sakuraさん ありがとうございます!
今年も大変な一年でしたね
あの大災害は 今でも悪夢のようですが
あれ以来 東北と福島の方々とは いろんな繋がりができて
それだけが 良かったと思えるできごとでした
東北の海産物を扱う方々とは いつか復興したら「牡蠣」をいっぱい送ってくださるという「社債」を買いましたので いつかたくさんの生ガキが届くのを楽しみにしています^^
(今年は カニを送ってくださいました)
東北の本屋さんとも繋がりができ 毎月「月報」で復興の様子を送ってくださいます
皆さん 頑張ってますねー
東京にも 福島に帰れない人たちがたくさんいて それぞれに毎日の生活を頑張っています
お正月だけは 何も考えず のんびり過ごして欲しいと祈ります
sakuraさんも 身体お大事に いい一年にしてくださいね!
名前
URL
削除用パスワード

<< 謹賀新年 今年最後の古本市 >>