腰元か 猿か!?

えー 今日の状況ですが とりあえず座っている 立っている 寝ている
・・・時は 痛みがないです
まあ どうでもいいでしょうが 話相手もいないので 聞いてちょうだい
座った状態から立つのは 3分くらいかかります
直立のみで 少しでも腰をかがめる・・・これはムリです
会釈程度のこともできないので えらく横柄なヤツのようですな
これはまずい、と思って 物を受け取る時など 玄関にベタッと正座します
そうしますと これはまた えらくへりくだった人のようです
現代の様式の玄関で 殿を送り出す奥方のように正座すると
人は ちょっとブキミに思うみたい・・・
f0122653_15342580.jpg

まあ でも他にやりようもないので 今 家は「千代田の大奥」状態
このままでは とっても奥ゆかしく 優雅な立ち居振る舞いが身に付きそう
腰元みたいで ステキ!
しかし 一方 人が見てないときは もっぱら足の指を活用
ボールペン落としても ごみ拾う時も かがめないから 足でつまむのね
この4日で ずいぶん技術が向上しています
あれですね 足の指に関しては「利き手」ってないんですね
右も左も 両方 器用に使えますので 思いのほか便利
着替えの際も 手が届かなければ 足で補助します
もちろん 人には見せられません 大笑いされるから
自分で見てても 笑えます 
鏡の前では 着替えないことにしましたよ
f0122653_15423371.jpgこの状態が長く続けば
腰元のようになるか サルのようになるか 
どっちかですねー
希望としては 足でお茶入れられるくらいになりたいんですが 中間を取って「腰元のように優雅に 足でお茶を入れられる人」っていうのは どうかな?
[PR]

by tukitodoraneko | 2012-11-22 15:47 | よしなしごと | Comments(2)

Commented by 鶴ヶ島の小人 at 2012-11-22 17:34 x
月猫さま
あ~、このところブログチェックをさぼっていたら!
月猫さまがそんな災難に会われていたとは!
どうぞどうぞお大事に。
私は五十肩、ではない六十肩で、ここ数ヶ月Tシャツの着脱にひーひー言っています。月猫さまはまだお若いから、きっとすぐに・・なんて気休め言っても役に立たないですね。どうぞお大事に。鎮痛剤と腰ベルトと安静、ですね。でも、失礼かも知れませんが、ブログの文章はちょっとしたユーモア小説よりおもしろ~い。
Commented by tukitodoraneko at 2012-11-23 10:34
鶴ヶ島の小人さま!
雨の神保町以来ですね!
痛いは痛いのですが 客観的に見れば 笑える状況です^^
歩く時は少し腰を落とし 背筋を伸ばし すり足で歩くしかないので
子供たちは「能のひと」と いいます
家人は「ひねた茶運び人形のようではあるな」と言ってます(;:)
名前
URL
削除用パスワード

<< 源三位頼政の出世法 虚無への供物 >>