腰元か 猿か!?

えー 今日の状況ですが とりあえず座っている 立っている 寝ている
・・・時は 痛みがないです
まあ どうでもいいでしょうが 話相手もいないので 聞いてちょうだい
座った状態から立つのは 3分くらいかかります
直立のみで 少しでも腰をかがめる・・・これはムリです
会釈程度のこともできないので えらく横柄なヤツのようですな
これはまずい、と思って 物を受け取る時など 玄関にベタッと正座します
そうしますと これはまた えらくへりくだった人のようです
現代の様式の玄関で 殿を送り出す奥方のように正座すると
人は ちょっとブキミに思うみたい・・・
f0122653_15342580.jpg

まあ でも他にやりようもないので 今 家は「千代田の大奥」状態
このままでは とっても奥ゆかしく 優雅な立ち居振る舞いが身に付きそう
腰元みたいで ステキ!
しかし 一方 人が見てないときは もっぱら足の指を活用
ボールペン落としても ごみ拾う時も かがめないから 足でつまむのね
この4日で ずいぶん技術が向上しています
あれですね 足の指に関しては「利き手」ってないんですね
右も左も 両方 器用に使えますので 思いのほか便利
着替えの際も 手が届かなければ 足で補助します
もちろん 人には見せられません 大笑いされるから
自分で見てても 笑えます 
鏡の前では 着替えないことにしましたよ
f0122653_15423371.jpgこの状態が長く続けば
腰元のようになるか サルのようになるか 
どっちかですねー
希望としては 足でお茶入れられるくらいになりたいんですが 中間を取って「腰元のように優雅に 足でお茶を入れられる人」っていうのは どうかな?
[PR]

by tukitodoraneko | 2012-11-22 15:47 | よしなしごと

<< 源三位頼政の出世法 虚無への供物 >>