たまに更新するかも・・・


by tukitodoraneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

金環食にプロポーズ!

f0122653_12163420.jpgはーい!金環食よく見えましたね!
スカイツリーの近くで見てた方 金のリングが重なって
まるで 結婚式でリングをはめる瞬間のように見えたでしょう
この時をねらって プロポーズした人もいたようですよ
← こーんな感じでしょうか?
f0122653_12185820.jpgロマンティックですねー (断れませんねー)
さて 今回の金環食は 東京で見れるのは173年ぶり
前回は 天保10年(1839)8月1日 八朔の日でした
幕府天文方の山路弥左衛門・金之丞親子が指揮し
小石川・三百坂にあった観察所(渋川家居宅)で 観察しました
別働隊は 築地で観測したそうですが 
この時の金環食は 日の出とともに始まったそうですので
小石川では 木々が 築地では船の帆がじゃまになって
一時 観測できなかったと 書いてあります
じゃあ なぜ そんなとこで 観測したんでしょう・・・?
この観測の総責任者は 渋川景佑で この人は高橋家から
養子に入った人です
父は 高橋至時 実兄はシーボルト事件で獄死する高橋景保ですね
今回の金環食は 九州から東北まで広範囲に見えたもので
日本の人口の3分の2は 見れただろうと言う計算です
これほど広い地域で見れたのは 932年ぶりとか・・・
ちょうど 平安後期ですねー
f0122653_1238403.jpg
そういえば「平家物語」「源平盛衰記」などには「水島の戦い」の時に 
金環食が起こったという記述があります
寿永2年(1183)年 閏10月1日
備中(岡山)水島で 都落ちした
平家と 木曾義仲方の源氏が
戦うのですが この最中に金環食が起こり 源氏は驚き恐れて敗退し 元から知っていた平家が勝利をおさめたという話
f0122653_12451858.jpg
平家方が快勝したのはこの時ぐらい
金環食は 「夕日を呼び返した」とう清盛の
一門への手助けだったように思えますね
以降 明治にも 金環食はありました
明治16年10月31日 前もって←こんな
絵も出て 盛り上がったようなのですが
この時は 曇天で 全く見えず
肩すかしに終わってしまいました
今回 見れたのは運が良かったですね
でも まだ観察メガネは とっておいてね
6月6日には 金星の太陽通過があります
どちらかといえば こちらの方が 珍しい現象だそうですよ
日本のどこからでも 長時間にわたってみれるそうですので 今日 天気が悪くて見えなかった方 こっちにチャレンジしてみてね
プロポーズ失敗した方も セカンドチャンス!
「君は 僕の太陽を横切るビーナス(金星)だ!」とでも 言って もう一度トライ!
[PR]
by tukitodoraneko | 2012-05-21 13:03 | よしなしごと