たまに更新するかも・・・


by tukitodoraneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

有名人の肖像画は 本物か?

おとといのコメント欄で話題になった「肖像画」の真偽
おもしろいから 書いてみましょう
私のほうが 先に本見つけたし ハカマオー頭痛くなっちゃったしね
「本人に似てない」と 一番よく引き合いに出されるのは
西郷隆盛の肖像と 上野の銅像でしょうか
あれは 西郷どんが写真嫌いだったため 弟・従道の顔を基に作ったと言われてますね
それでも まだ家族が生きてたから「似てない」とわかったわけです
f0122653_14433679.jpgじゃあ これはどうでしょう
京都 右京区の神護寺にある平重盛
これは 最近 足利尊氏像だろ?と 言われているものです
そもそもは 14世紀 南北朝の頃に書かれた「神護寺略記」という寺伝がありまして 
そこに藤原隆信という肖像画家が書いた重盛 源頼朝などの肖像画あると書かれているのですね
そこから おそらくこれがそうだろう・・・と推定されていたのです
というのも この肖像画 書かれた人物を特定する詞書がないのですね
それで最近になって イヤこれはちがうだろ?という説が出てきたのです
藤原隆信の生きていた時代よりは 後に
f0122653_1512566.jpg書かれたのが分かったということもありますし 
書かれている冠や太刀が 鎌倉後期以降の様式だからということも言われています
また 足利直義が「自分と兄・尊氏の肖像を 神護寺に収めた」とういう記述が見つかり 
この→ 今まで源頼朝といわれていた肖像は 直義であると推定されています
でも もちろん 異論もありますし 確定されたわけではありません
国宝にもなっていることだし 神護寺では
変わらず 重盛 頼朝であると主張しているようですよ
f0122653_15103024.jpgもう一枚
京都国立博物館の
← 足利尊氏騎馬像
これは江戸時代に松平定信が「集古十種」という古美術を木版画で紹介した本に「足利尊氏像」とのせたために そのまま伝わってきたのですね
しかし馬具に付いている紋が 尊氏の執事・高師直の「輪違いの紋」なので これも師直では
ないかといわれています
もちろん 確証はありません
f0122653_15205467.jpg次に これは以前 教科書にも載っていた武田信玄
← 肖像です
息子・勝頼が 代々の菩提所だった高野山成慶院に収めたもので 長谷川等伯の書いたものとなっていますが
これも 絵の人物に関する書き込みはなく
刀の目貫についている紋は 武田菱でななく
「二つ引き両」というものです
これから この人物は等伯の出身地 能登で描かれ
戦国大名・畠山氏の肖像だろうと言われています
今は 教科書にも出てませんし「伝 信玄像」と
なっています
f0122653_15331689.jpgついでにもう一枚 →
これは東京の浄真寺所蔵の 吉良頼康像
鎧や武具にちゃんと武田菱の家紋が入っていますね
これが 信玄像だと言われることもありますが
浄真寺と吉良氏との関係は分からず 何ともいえません
f0122653_15433314.jpg
最近では 高野山持明院に伝わるこの絵が 「信玄像」として使われることが多いようです
一枚目の絵とは 随分違いますね
信玄は 結核を患っていたとも言いますし
そんなに太っていたとも思えませんので
こちらの方が 近いのかな?
でもイメージでは 堂々たる体躯の方が
信玄らしいとも言えます
今日はこんなところで・・・
[PR]
by tukitodoraneko | 2012-03-10 15:48 | よしなしごと