月猫姫じゃ!

f0122653_12385312.jpg下がりおろう!月猫姫であるぞ
ちょっと ろうたけておりまして お局風でありますが 
これ実は 五期の広目屋さんが 書いてくださった
月猫なんですよ!
すごいでしょ? さがりおろう! 土下座して見るがよい
広目屋さんは 江戸人物に合わせて 似顔絵を描くという
特技があるんです
「町娘」「花魁」など希望を言うと それに合わせて
ちゃんと描いてくださいます
江戸検仲間は 江戸だけじゃなく いろんな特技をお持ちで
驚いちゃいますねー
今期にも 学校の先生あり お医者さんあり 皆さん
本業の合間に 江戸の勉強をなさっているんですね
すごいなー・・・と 感心しています
月猫は お家で本読むばっかり・・・
でもね 最近 驚愕の事実を知ったのですよ
 1192(いいくに)つくろう鎌倉幕府
とぼしい日本史の年号の知識の中で 唯一覚えてるのがコレ!・・・
という方 多いのではないでしょうか? 私もです
これ 今では1185年が 定説となりつつあるそうですね
今 日本史を 基礎から読み進んでおりますが
「歴史は変わる」ということと 教科書歴史は 歴史学とはちがう
ということを 痛切に感じています
様々な史料や 遺跡の発見によって 日々歴史は塗り替えられているんですね
ですから同じ「日本史」という全集を読むにしても
新しく刊行されたものを 選んだ方がいいということになります
教科書は その辺の変更が遅く 一般的な解釈の仕方で
画一的に書かれています
多くの人に教える以上 それは仕方のないことなのでしょうが
「いいくにつくろう」が 歴史学では 変わってたのはショックです!
戦前の教科書では 戦争肯定の立場から 武士の逸話がとても多いです
義家の奥州征討の話などは 美化され 彼は歌まで詠んでおりますが
実に 暴虐非道な侵略行為であったという史料もあるのは確か
その上 書いている人によっても 歴史解釈は変わります
たとえば「西郷隆盛」という人物の本を読んだとして
それに書いていることだけが 全てでも 正しいとも言えないのですね
いろんな局面から見ることで 人も歴史も見えてきます
たくさんの知識を得ることで あなた自身の歴史の目を持つこともできます
わたし自身は まだ発展途上で そこまで至りませんが・・・
と 今日はちょっと えらそうに書いてますね
でも 月猫姫だから 許してね^^ 下がりおろう!
[PR]

by tukitodoraneko | 2012-03-02 13:35 | よしなしごと

<< 平清盛 第9回「二人のはみだし... 平清盛より 源義朝と由良御前 >>