たまに更新するかも・・・


by tukitodoraneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

寒からんほどに見ておけ峰の雪

昨日 和室の整理をしていて 懐かしいものを見つけたので 書いてみましょう
まあ もう時効だし 「お目汚し」ってことで・・・
f0122653_9481391.jpg← はい、だーれだ!? なかなか色っぽいでしょ?
これ 小学4年生 9才頃の私なんですよ
当時 商家の娘は 6才ころから みんな町内の
「踊りのおしょさん」に通うことになってました
私の町内では「坂東流」のおしょさんがいました
町内の路地を入ると 竹垣の奥に 隠居所か妾宅のような 粋なお稽古場があり 小さいうちは奥さんに着付けてもらい 少し大きくなると自分でささっとお稽古着にきかえて 
おしょさんの前に扇を置いて ご挨拶します
お稽古仲間には 近所の質屋の娘さんや 薬屋の娘さん 私の従姉妹もいました
式亭三馬の「浮世風呂」 あの中に「毎日のお稽古が大変で・・・」と 愚痴を言う女の子が出てきますが あれを読むと ちょっと懐かしい感じがします
当時の私たちも 学校やらお習い事で 忙しい日々でした
f0122653_103557.jpg
踊っている演目は「手習い子」といいます
手習いに通う帰り道・・・って感じですね
手習い帖をもっているでしょ
まだ 小さい子が踊るのは これや 「潮汲み」「藤娘」なんかが多いんですね
もう少し大きくなると 「浅妻舟」「道成寺」「櫓のお七」なんて やりますよ
たぶん中学3年くらいのことでしたでしょうか おしょさんの奥さんが 長火鉢の前でいきなり
「〇〇ちゃんは 大学にいくんだろ?」と 訊きました
f0122653_10221889.jpgはい・・・と答えると 「そう・・それじゃお稽古も たいがいにしとかないといけないね」と おっしゃいました
どうしてですか?と訊くと 
さむからんほどに見ておけ 峰の雪ってね」
私には まだその言葉の意味が分からなかったのですが なぜか長く記憶に残りました
その言葉通り 数年後にはおしょさんが急に事故死したこともあって 受験もちかづき 
私は日舞から離れてしまいました
あれ以来 人の口から この言葉を聞いたことはないですね
なんでも「落語」に出て来るそうで 落語好きの方なら 知っているかもしれません
落語では「吉田兼好が言った」となっていますが 追求するのはやぼだそうです
今ならそれが 「なんでも大概にしておけ」という意味だと分かります
酒席が長引いて帰る時 道楽にはまった若旦那に意見する時
昔の人は こんな風に言ったんでしょう
思い出すたびに あのおそらく粋筋上がりだったろう奥さんの
浮世絵から出てきたような細面の顔と姿が 目に浮かびます
私の「江戸好き」のルーツは この辺にあるのかな?とも 思えます
しかし 江戸に関していえば 「寒からんほど」は とっくに越え
今 まさに 首まで雪に埋まって ラッセル中・・・って感じがしますが・・・
[PR]
by tukitodoraneko | 2011-06-08 10:40 | よしなしごと