狐落としの殿様

さて 前から一度書こうと思っていた「狐憑き」の話 読んでみてください
f0122653_1226259.jpg美人に化けたり 妖怪変化となって人をだましたり
するいたずら者・・・という以外に 「人に憑く」という
悪さをするという狐
狐に憑かれた人は 普段は字が書けなくとも書けるようになったり なんだかえらそうに喋ったりと 
今で言う「多重人格」の態をあらわします
これは 江戸時代にも 儒者から言わせれば「癇症の者の気の病」 ということで片付けられました
しかし 上田秋成はこれに反発 狐憑きはいくらでもある、観念に凝り固まって 事実を認めないのは
認識不足だ!と 怒っています
f0122653_12381978.jpgさて どちらだったんでしょうねー
江戸時代の随筆の中には 狐に憑かれた話が たくさん出てきます
特に有名なのは 江戸以前になりますが 豊臣秀吉の養女で 宇喜多秀家に嫁いだ「豪姫」に狐が取り付いた話 この時 太閤秀吉は 「伏見稲荷」に狐落としの祈祷を命じ もしも落ちない時には 伏見社は破却、日本国中の狐を狩って 一匹たりとも残さない!と豪語したんですね
また 八代将軍吉宗公も お側衆・小笠原石見守の家来に狐が憑いて困っていた時に 
「我が申し付けであるから早々に立ち退け」と 伝えさせると 
たちどころに狐が落ちたという話も残っています
f0122653_12571100.jpgこれは 太閤や将軍の威徳の前には 本物であろうが、なかろうが 
狐は落ちずにいられないって話ですね
また 弘化元年(1844)のことですが 町奉行に裁かれた「狐憑き」というのもあったのです
内藤新宿は 太宗寺門前の商人の妻 38才になる「とり」が 産後の「血の道の病」になったところから 当時のこと いろいろな祈祷や神だのみをしている内に 狐がとりついて わけのわからないことを言い散らすまでになりました
これに 狐使いの行者もからみ 大騒ぎになって 結局はお白洲にまで呼ばれることになりました
裁いたのは 跡部能登守良弼(よしすけ) この人は旗本・跡部家に養子に行きましたが 
老中・水野忠邦の実弟です
これも当時 飛ぶ鳥落とす勢いですから 「畜生 立ち退け!」と大音声で一喝すると 
とりは気絶 どうやら 狐も奉行の一声で 逃げ出したようです
町人も狐も 奉行には勝てないようですね
f0122653_13123427.jpgさて ここにもう一つ おもしろい話が残っています
これは 明治になってから72才の老人が語った 嘉永ごろの話です
当時 「狐憑き」というものが流行り 神田の妻恋稲荷では神主が 狐落としの祈祷に歩いたそうですが 同じ神田の和泉町に「能勢熊之助」という四千八石の旗本があり この家からも「狐落とし」の御札=「能勢の黒札」というのを出していて この御札で撫でると 狐はスッと落ちるといわれたそうなんですよ
f0122653_13201961.jpg← 当時の切絵図にも「藤堂和泉守」の隣にちゃんと載っています
ここの殿様が 狐落としの名人で とにかくここへ担ぎ込めばたいていは治るといわれたそうです
この話の主人公は 若気のあやまちで 家の金を持ち出して吉原にはまり とうとう帰るに帰られず 思いついて「狐憑き」のふりをしたのです
親は心配して飛んでくる 手厚く看護され 加持祈祷もおもしろく ぼやぼやしている内に 
とうとう放蕩息子は 最後の手段「能勢様」に担ぎ込まれてしまったのです
お堂の中で 一つ二つ殴られ ああ、やめときゃよかった・・・と思っていると 立派な侍が出てきて 一目見るや「このご仁は 狐憑きでも 発狂でもない」と 一言で断定!
「それそれ 当人も赤面しておる 神を騙ると罰が当たるぞ けしからん!」と しかられて 
ほうほうの態で逃げ出すはめになりました
こんな風に 「にせ狐憑き」っていうのも 結構いたのかもしれませんねー
たまに 仕事にうんざりしたら 私もこの手を使ってみようかな

  「正一位 稲荷大明神にあるぞ! 酒と稲荷寿司を所望!」

どうかしら?
[PR]

by tukitodoraneko | 2010-02-05 13:43 | 祭と歳事 | Comments(9)

Commented by 忍び駒 at 2010-02-06 10:39 x
とても面白く読ませて頂きました。よくわからない不思議なことって、神秘的で謎めいていて、嘘のようでもありほんとのようでもありなんとも言えない魅力がありますね。また是非続きを聞かせて欲しい気持ちです。
Commented by 禿蚯堂書屋主人 at 2010-02-06 16:24 x
ハカマオーです。お話しの筋とはずれますが、跡部良弼といえば大坂東町奉行の時、天保の飢饉により大坂の米価が暴騰する中、兄水野忠邦の命を受けて大坂の米を江戸に廻送。大塩平八郎の乱の原因をつくった人ですね。また、その祖先は武田信玄・勝頼に仕えた跡部大炊介。「甲陽軍鑑」によると、設楽原合戦で、撤退を主張する宿老たちを卑怯者呼ばわりして、主戦論を主張し武田の大敗北を招いた奸臣として有名です。ただ、「甲陽軍鑑」そのものの信憑性に??がつきますので、どこまで信じてよいものやら・・・ですがね。
Commented by tukitodoraneko at 2010-02-06 18:44
忍び駒さま
ありがとうございます ホントはこっち系の話が得意です
幕末も調べだせばおもしろいのですが 
どうも おまぬけな若旦那や河童や狐やバカ殿の話の方が
私には向いているようです また書いてみますね 
いつも コメントありがとうございます 
とても励みになります
Commented by tukitodoraneko at 2010-02-06 18:56

ハカマオーさま
「甲陽軍艦」は 虚実とりまぜですが 読み物として とっても
おもしろいですよね
ちょっと「講談本」みたいです
実際 江戸初期にはこれを使って 兵法の講釈したんでしょうね
話は変わりますが 講談と浪花節と歌謡曲が渾然一体の
南春夫大先生の名曲の数々 もう一度 聞きたいナーと
最近思います 子供心に 堀部安兵衛の高田の馬場の決闘を
聞いて「なんてハイテンションのおじさん!」と 感動しました
「雪をけたててタ・タ・タ・タ・タ・タッ!!」ていうの 今でも
耳にこびりついてます もう一度 聞きたいなー
出でよ 平成の南春夫!!(ハカマオーは歌えないの?)
Commented by tukitodoraneko at 2010-02-06 19:21
追伸 失礼!南→三波ですね
Commented by 禿蚯堂書屋主人 at 2010-02-06 19:22 x
知っていますとも!「止めてくださるな 妙心殿 落ちぶれ果てても平手は武士じゃ!」
『大利根無情』の一節ですね。ただし、小生ではなく上司がカラオケ
で歌っていました。小生はというと、上司をはがいじめにして。「殿中でござる 殿中でござる!」 ノリのいい上司は「止めてくださるな梶川殿!吉良殿に予てより遺恨これあり!」
歴史にトーシロの同僚たちは、話しが入れ替わっているのにも気づかず、呆れた酔眼でみていましたっけ。
そういえば、平手造酒はお玉が池・千葉道場の出身でしたね。
Commented by tukitodoraneko at 2010-02-06 23:01
ゲエ~!さすがハカマオー
なんてなつかしい! あと「俵星玄蕃」に「紀伊国屋文左衛門」
たしか「一本刀土俵入り」もあったような・・・
あとマイナーだけど「ルパン音頭」と「銭形マーチ」を
知ってたら とってもコアよ
私は「チャンチキおけさ」もまだ歌えるな!
はい、ご一緒に!
「知らぬ同士が小皿たたいてチャンチキお~け~さ~♪」
Commented by 仁三郎 at 2010-02-07 10:27 x
ハカマオーさん、月猫さん、
「三波春夫」まで、よくご存知とは、芸域が御広いですな。

「佐原囃子が聴えてくらぁ、
 想い出すなぁ……御玉ヶ池の千葉道場か。
 うふ……平手造酒も、今じゃやくざの用心棒、
 人生裏街道の枯落葉か」
大利根無常のこのセリフ、初めて聞いた小学生の時は、漫画「赤胴鈴之助」に出てくる「千葉道場」と同じだということで、記憶に残りました。
江戸検の勉強をした今、聞くとこの歌の時代背景とかもよくわかって、なかなか味わい深いものがあります。
また、サラリーマンとして大成せず還暦をすぎた私には共感するものも多々あります。
まあ、枯れ落ち葉でも、火をつければ、燃えて、焼き芋ぐらいは焼けるけどね。
Commented by tukitodoraneko at 2010-02-07 19:19
仁三郎さま
また一人 同世代発見!
ハカマオーも私も仁三郎さんも 聞いていた歳は(たぶん)
それぞれちがいますが ちゃんと覚えているものですねー
なつかしくてつい検索してみたら「中古CD]で
「三波春夫大全集」がありました 一万以上して高いけど
あーもう一度聞いてみたい!・・・とウズウズします
そのうち衝動買いしそうで怖いです
名前
URL
削除用パスワード

<< 龍馬 佐久間象山に入門 稲荷だらけの江戸の町 >>